2014 2歳戦総括

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

2歳戦総括 牡馬編

読了までの目安時間:約 2分

 

あと一つ残る最重要競走については、来週の総括で、クラシック展望の足掛かりにする基準レースとして位置付ける。メンバーも揃いそうだ。

さて、こちらも候補多数だった朝日杯FS。色々な意味で驚きの結果となった。
ダノンプラチナは重馬場をこなし、このコースならば、ディープ産駒はいつでも差し・追い込みが届くことを改めて証明した。
前週のショウナンアデラとほとんど同じ性質の持ち主で、競馬ぶりまで瓜二つだった。
唯一、本質的にクラシック向きとは思えないアメリカ血統の牝系であることを差し引いても、ロゴタイプも似たようなものだったから、ダービーでそれを考えればいいというくらいの小さな課題しかない。正直、ここまで強いとは思わなかった。無論、世代No.1の評価を与えるべき才能だ。

アルマワイオリにも驚いたが、馬込みをつく大胆な騎乗は、過剰に人気を下げた時に怖い勝浦騎手ならではのもの。フロックじゃないけど、マツリダゴッホや祖母スエヒロジョウオーの血も大いに味方した快走に思う。推定時計が判断基準か。

いちょうS組がそれに続いたが、人気通りくらいにしか走らなかった。正直言って、GⅠでの上がり目を求めるのは辛い感じの内容。まだ、アクティブミノルの方が自分のリズムを持っている分、一発もある。

以下、ブライトエンブレム、アッシュゴールド等の重賞好走組については、このレースの前にいい競馬をしすぎた付けが回ってきた感じで、参考外ではあるが、今名前を出した以外では、流石に4月以降の活躍は苦しいか。
まあ、殿負けのペプチドウォヘッドは、川崎に行ってたら良かったのにと思ったくらいだ。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方