2017年牡馬クラシック総括

JUST競馬予想ブログ

牡馬クラシック総括

読了までの目安時間:約 3分

 


雨予想が外れた高速の皐月賞ウィーク。
馬場は悪くなかったが、誰も速く走れず変わった展開になったダービー。
台風に刺激され、秋華賞の雨が翌週倍増で再びターフを濡らした菊花賞。

何一つとして、レース史に日本競馬史に記録されたそれらとは、全く違うレースになった。
故に、勝ち馬は評価される。同時に、似たものを探す手間が馬券を買うファンには増えてしまった。
同じものがないのだから、違う何かを見つけることも難しい。

前年のレコードがまさか翌年、それもちょっと切ない牝馬1番人気の年に更新された皐月賞。
毎日杯の結果は重要だとされ、それでも人気になることはまずない裏路線組<皐月週に関してのみ>のアルアインは、マイル路線からの転戦で評価もそれほど高くなかった。
が、ファンディーナが厳しい展開に対応できず、代わって、馬込みから叩き上げて上がってきたペルシアンナイトとの叩き合いは、見せ場十分。
軽くはない競馬だったが、距離延長では…。

青葉賞独走でアドミラブルが本命視されたダービー。
軽いレースではないが、しかし、色気がみんなにありすぎて、本当は差し馬と思われるマイスタイルがドスローの逃げ。
動けるのは誰だ…。
動いたルメール・レイデオロと、最初から好位付けに成功していた四位・スワーヴリチャードの叩き合いは、動いた前者の勝利。
記録がいろいろ生まれたレースながら、人が目立つダービーは、あまり歴史的評価が得られない。

さて。
キセキだけが道悪適性を凌駕した激走で突き抜けた菊花賞。
思えば、毎日杯の3着馬で、古馬戦2連勝はもっと評価されて然るべきだったはずなのだが…。
数年に一度クラスの台風と長雨を降らせた前線の影響で、馬場が極めて悪化した。
外を伸び伸び走ってくるイメージがあった馬。
ただ、毎日杯はうまく内を突いて上がってきた。前走の神戸新聞杯も同じ。
この馬場さえこなせれば…。
思った通りの適性だったクリンチャーや望外も時計勝負は苦手そうなポポカテペトルが後方で2着争いをしていた。
勝ち馬だけ、違う世界が見えていたのかもしれない。

各々の個性はどう活かされていくのか。それが分からない年も珍しい。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方