雨 道悪 競馬

JUST競馬予想ブログ

雨の功罪

読了までの目安時間:約 3分

 

牝馬戦は2度、牡馬混合戦は世紀の極悪馬場の菊花賞と、雨に縁のあった2017クラシック戦線。
皐月賞のファンディーナはともかく、ソウルスターリングは良馬場のオークスで再び人気に推される中、桜敗走の汚名を雪ぐ完勝で世代のトップに立つ結果となった。

裏路線から本番を制した馬は、トライアルよりも中身が濃いとされた毎日杯の1、3着馬で、3着のキセキは、春はまだ心技体が整っていなかったが、夏を経てパワーアップを示し、正攻法たる神戸新聞杯でレイデオロに追い上げての2着という結果をテコに、あの驚異の末脚で菊をモノにしたのである。
毎日杯は、皐月賞には繋がらないけれども、ダービー以降には十分間に合う早熟過ぎない馬のためのレース。
皐月賞がレコードだったから、菊の頃には、アルアインは注目される馬になっていたものの、余力は残されていなかった。

雨の桜花賞も同じ。
雨がまた降った秋華賞では、ソウルスターリング以外は全部出てきて、結局、オークス上位組の組み合わせだけで決着した。
桜花賞は距離が本質的にギリギリの中距離型だったリスグラシュー以外、距離延長で持ち味全開の馬は少なかったから、勝者のレーヌミノルはクラシック戦線全般で見せ場はあまり作れなかった。
ディアドラ=ハービンジャー、キセキ=ルーラーシップら欧州化した京都の馬場で親仔共々初GⅠ制覇に繋がった最大の要因を雨が紡いだ一方で、では、オークス&ダービーウイナーとの力関係という観点で比較した場合…。

牝馬戦線は4F以内の同一線上の争いになるから、本質面の差異は生じづらいものの、求められる能力が今年は違ったから、唯一の良馬場での勝者が自動的に女王に推される形になる。
牡馬はそうではなく、少なくともパワーがなければ勝つ意味もないので、ディープ→キンカメ→ルーラーシップの流れで、筋力の違いが結果に影響を与える競馬という推移を辿った。
在るべき形である一方、3着以内の馬は朝日杯の時から全て別々。
2度以上掲示板に載った馬は皐月賞組だったことを考えると、結局、牡牝共に京都の道悪戦はさして重要だと評価できないのである。
ロンシャン攻略が何となく遠のいた一年だった。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

タグ :    

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方