ジャパンカップ名勝負

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

JC名勝負<騎手を巡る駆け引き>

読了までの目安時間:約 3分

 

05 デットーリ ルメール デザーモ
07 岩田 ペリエ 武豊
16 武豊 デムーロ 福永

05年はレコード決着。
事前からタップダンスシチーが飛ばしそうな状況が整っていたので、脚の使わせ方に加え、コース取りも結果に左右した面がある。
07年は単純明快、秋の天皇賞の結果が人気面に影響を与えつつ、宝塚記念の時から続く4着のウオッカ<四位騎手>との力比べ。よって、これも騎手の意識が、スローの展開と多頭数の争いでわずかな差を生んだ。
昨年の場合、実は、逃げ切りは何度かあったものの、1番人気でそれに応えた中での覚悟と確信の逃げという点で、それにしっかりと末脚比べで何とかしようとした結果が、大きな着差にはなったものの、上位勢は皆が力を出し切ったことが証明されるような力の決着となった。

近年はスロー偏重。よって、騎手同士の駆け引きも激化する。
騎手戦の面白みでは、07年の宝塚リターンマッチがベストレースとなるだろう。
この辺りから、GⅠ戦にメリハリをつける形で格重視の賞金における改革をJRAがおっぱじめたのだが、メイショウサムソンやウオッカは夏のインフル禍の影響で渡仏断念の経緯があり、アドマイヤムーンもオーナー変更と、話題に事欠かないメンバーが揃った。

一番は、ウオッカはこの後、上位3頭全てで重賞制覇を果たしていた武豊騎手が、人気を背負ってここで負けてしまったことが印象深い。
メイショウサムソンは凱旋門賞の件があったから、陣営が苦渋の決断で石橋守現調教師からスイッチすることになったが、元はと言えば、当時波紋を呼んだアドマイヤムーンからのスイッチに始まる話だ。
宝塚記念でそちらに岩田騎手が騎乗し、武騎手はポップロックに乗り、3着だった。
陣営というかオーナーと最大権力者たる生産者サイドの逆鱗に触れる形で、ダービーでのアドマイヤオーラ乗り替わりから顕在化した絶縁のプロセス…。
当時日本人化していたペリエが、これじゃあヨーロッパよりひどいな…、と思って来なくなったのかもしれないと、筆者はこのJCを思い出すと、いつもセットで邪推してしまうのである。
今はもっと露骨だ。

 

タグ :   

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方