ジャパンカップ名勝負

JUST競馬予想ブログ

JC名勝負<ベストレース>

読了までの目安時間:約 3分

 


敢えて、このレースを挙げたい。
2分25秒を切り、上位3頭全て1馬身以内だったのは07年のみ。

上位2頭がクビ差以内で、2馬身以内で3位以内まで入線の2分24秒を切った年が、
05
09
3頭とも5番人気以内だと、
05 アルカセット ハーツクライ ゼンノロブロイ
07 アドマイヤムーン ポップロック メイショウサムソン

ただ妙味があるのは、
09
ウオッカ ルメール
オウケンブルースリ 内田
レッドディザイア  四位

このレース。
武豊騎手のリーチザクラウンが逃げて、ハイペースを演出。
単に行くしかなかったとはいえ、脚の使い方が絶妙だった3頭の好走要因は、ここまでの経験と鞍上のこだわりが全て好走するための必要絶対条件であったことで、それが分かりやすい形で引き出される展開は、GⅠ馬である彼<彼女>らには有利だった側面はある。

同時に、牝馬には使える脚の限界がつきまとい、牡馬のステイヤーでは追い出しのタイミングが同じように存在する中で、その難しさを楽にカバーした3者の騎乗技術と、3頭の充実度合いが見事にマッチした至極の名勝負でもある。
特にウオッカは、前2年がスローで、その前のレースで消耗することが多く、必ずしもベストではない状態での参戦に展開の不利も重なった部分はあったが、ルメール騎手は彼女の良さを全て理解するように、ロスのない中団からの抜け出しで、脚が上がることも織り込む済みで、正攻法の抜け出しで結果を出したことは、人馬とも高く評価されるべきだ。

物語の終着点は、必ずしも幸せとは限らず、有馬記念ではそれが多いかもしれないが、ウオッカだって三度挑んだドバイのそれもAWで惨敗を喫し、鼻出血で無念の引退となってしまった。
しかし、後年のブエナビスタもそうだったが、ラストシーズンの中でベストの条件で勝ち切る底力を見せられたことは、やはり幸せなものである。
納得のGⅠ7勝目から10年弱。
今は牝馬に優しいJCにまた戻った。ウオッカが果たした貢献度はあまりにも大きい。


* * * * *

【特集】 誰でも同じように再現できる、10万馬券の取り方


無料で利用できる評価の高い指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を掲載しました。
(下記は2019年、3連単1000倍以上の的中例から抜粋)
03/03 阪神12R 200,880円 的中
02/16 小倉01R 153,140円 的中
02/09 小倉06R 109,670円 的中
02/03 京都11R 141,960円 的中
02/02 京都03R 212,970円 的中
01/27 中京09R 185,870円 的中

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

タグ : 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方