血統コラム

JUST競馬予想ブログ

圧倒と僅差・血の方向性

読了までの目安時間:約 3分

 

今年、複数の産駒がGⅠを制した種牡馬は少ない。

ハービンジャー
秋華賞<重>
ディアドラ-11/4差<リスグラシュー>
エリザベス女王杯
モズカッチャン-クビ差<クロコスミア>
マイルCS
ペルシアンナイト-ハナ差<エアスピネル>

2着馬の父も、ハーツクライ<ジャスタウェイ>、ステイゴールド<三冠、二冠馬>、キングカメハメハ<上記エアスピネル>など、道悪巧者を数多く出している系統。
重厚な底力勝負で、瞬発力を求められなければ、しっかり対応できる。

ディープインパクト
皐月賞<レコード>
アルアイン-クビ差<ペルシアンナイト>
安田記念<歴代2位タイ>
サトノアラジン-クビ差<ロゴタイプ>
シンザン記念<重>ズッコケコンビと、スイートスポットの狭いマイラー同士の決着。
2着馬のマイル適性に引っ張られた、少々非根幹距離向きの馬が父の底力でねじ伏せたようなレース内容であった。
ディープを他の種牡馬に変えると、きっとなまくらな芝馬かダートの重賞級になっていた2頭が、見事GⅠ馬になっている。

ゴールドアリュール
フェブラリーS
ゴールドドリーム-クビ差<ベストウォーリア>
チャンピオンズC
ゴールドドリーム-クビ差<テイエムジンソク>
かしわ記念
コパノリッキー-2馬身差<インカンテーション>
南部杯<稍>
コパノリッキー-4馬身差<ノボバカラ>
2着馬がボールドルーラー系かその影響の強いアグネスタキオンの孫、クロフネ初の一流ダート馬とGⅠではやや軽めの配合馬が相手。
相手が軽いと強い。相手が強敵だと、あっさり退散ということも少なくないのは、揉まれなければ最強だった父と似ているようで、少しだけスケールダウンの気配も感じる。
ボールドルーラーやフォーティナイナーの特徴とも酷似する。

ここに記した馬の中で、南部杯圧勝時のコパノリッキーを除くと、1番人気はいない。
基本的に、伏兵候補の評価だったか、その他に目立つ馬がいたか。
混戦のビッグレースで欧州型底力配合の強みを活かし、最後に勝ち運を引き寄せた。
敗者にはそういうスキルやバックボーンはなかった。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

タグ :   

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方