2017年2歳戦総括

JUST競馬予想ブログ

2歳戦総括 牡馬編

読了までの目安時間:約 3分

 

ホープフルSは完全にクラシックを展望するレース。

全総括の際に、じっくり振り返るとする。

しかし…。

牝馬のチャンピオンも文句なしだったが、マイルのチャンピオンは芝もダートもびっくりするほど強烈な才能も持ち主である。

あまり差をつけたりせず、記者の皆さんには平等な目での投票を望みたい。

ダノンプレミアムが圧倒した朝日杯FSは、見た目はスローでも、完全なスローだった阪神での前3年の展開とは違い、多少なりとも後傾ラップにはなったが、直線で先行馬が後続を突き放したのだから、もう全くこの中に比較対象がいなかったという結果に終わった。

2.3倍の単勝オッズは、多士済々と思われていた戦前の下馬評を考えたら妥当なのかもしれないが、終わってみれば、グラスワンダーの1.3倍レベルのレース内容だったから、大枚をはたく価値は十分あったように思える。

レースぶりの素晴らしい点を挙げるならば、新馬戦は少し抑えてから、直線での末脚を繰り出すごくごく普通の競馬をしていたのに、流れがもっと厳しくなってから、それと同じ競馬をしているのに、どんどん直線のパフォーマンスが進化していることだろう。

同じ位置取りで、直線の伸びが違うのだ。

他陣営が損した気分になる。

もう歴史的名馬と比較してもいい存在だろう。

例年なら、差し追い込みがバンバン決まっていたはずだ。

ハチャメチャなレース内容で、川崎ナイターをジャックしたのは、それまで2戦楽勝中のルヴァンスレーヴ。

シンボリクリスエス産駒ながら、重厚すぎず、早さも備えたファンシミン系の良血馬である。

これまでは道中どこだろうと早め先頭の競馬であったが、タイトな川崎で危険なレベルな出遅れから、ほとんどアロゲートの再現のような追い上げで、結構強いはずのドンフォルティスを馬なりで抑え込むのだから、こちらも手が付けられない。

その他を語れるほど、両勝者との力量差が均衡していれば話は別だが、そうではないことは明白。

普通に競馬をされてしまえば…、という差だったから、朝日杯、全日本歴代の勝者の中で、共に最強馬が誕生したシーズンということで、小市民は納得するしかない。

驚くべき才能である。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

タグ : 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方