2017年短距離路線総括

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

短距離路線総括

読了までの目安時間:約 3分

 

雨が降った関西圏のGⅠ。

関西圏の最初と最後の重賞は、共に高速決着の接戦を善戦マンが制した。

雨に祟られることになったのはヴィクトリアマイルくらいで、概ね、時計の出やすい馬場で行われた関東のGⅠ。

ただ、本当にレベルが高かったかというと、肝心の前哨戦が雨ばかりだったように、あまり信用できる結果ばかりとはいかなかった。

主役はレッドファルクス。

皆勤賞で、重賞も2勝。スプリンターズSを前年と似たような豪脚一閃で、見事に二連覇を決めてみせた。

そういう意味では、本当に面白いのは、彼が負けたGⅠ3戦だったのかもしれない。

まだ重賞未勝利のセイウンコウセイが、誰も通らない馬場の真ん中から伸びてきて、内々強襲、結果的にスプリンターズSでも仲良くゴールするレッツゴードンキらを封じてしまった高松宮記念。

どう見ても圧勝だったが、柄にもないというか、鮮やかすぎるレースぶりが反動を呼び、以後不発続きとなった。

レッドファルクスが最後の最後に伸びてきた時に、そのちょっと前で競馬したサトノアラジンが輝いた安田記念。

前年覇者のロゴタイプが男らしい姿でハイレベルの展開を作ったが、誰にも負けない瞬発力でついに陣営悲願のGⅠ獲りに成功した。

以後、幻を追いかけるように差してくるが、雨が苦手ということが、秋の天候不順とリンクしてこちらも不発ばかり。

現役生活は香港マイルで終えた。これもまた彼らしいところなのかもしれない。

一方、全く関係のないところから飛んできたのが、雨はというか、渋った馬場は苦手にしていたはずのペルシアンナイト。

初の古馬ビッグタイトル参戦で、見事に課題克服&GⅠ勝利の両獲りを成し遂げたマイルCS。

乱戦必至の雨馬場は、各馬大混乱のコース取りで全く無駄のなかったデムーロ兄の好騎乗で、エアスピネル斬りを成功させた。

池江厩舎は春秋マイルGⅠ制覇。別の馬でとなると、藤沢和雄厩舎以来の快挙。

ただ、そんなことに気付く人は少ない。

【2020】

2頭に乗って、勝ち札を引き続けたのがミルコだった。

これにはもう、ライバルはお手上げである。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方