2018年 クラシック展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

2歳戦総括 クラシック展望

読了までの目安時間:約 3分

 

まず、ホープフルSの回顧から。

上がり断トツ、決め手比べで見劣ることはなさそうな馬体を戦前のパドックでも誇っていたタイムフライヤーが、完成度の違いと絶対的な距離適応能力の差を示し、ハイレベルな展開でも戸惑うことなく、完勝でクラシックに向けての第一歩を印した。

ジャンダルムという実にマークしやすい目標が、奇しくも前走で敗れた武豊騎手騎乗の馬で、正確に動き出すことが可能だったという強みもあったのかもしれないが、ここでは全能力が他とは違った印象。

ある意味、ダノンプレミアムより地味目であるからこそ、最優秀2歳牡馬ではない?強みは、本番で遺憾なく発揮されることだろう。

サンリヴァルはまた次から差す形に出るはずで、2歳の中距離戦、小回りではかなりきつめの展開で、番手抜け出しの4着は評価下げの必要なし。

残りの組は、まず2000M級の重賞で結果を出さないといけない。

相手は今後、どんどん強力になる。

そのホープフルS。

実は、牝馬の順位付けにも少々影響しそうだ。

今年は大して大物がいなかった百日草特別で好走していたナスノシンフォニーは、溜めに溜めて5着。

スピード系統ではない種牡馬の産駒が強い傾向が、JFと同じという流れで、格下馬のこういう結果も看過できない。JFはやはり、相当なレベルだったはずだ。

主だった12月の下級条件勝ちの注目株はこちら。

エリスライト 牝 マリアライト全妹

アンコールプリュ 牝 2戦2勝 シェルズレイ半妹

ダイアトニック ロードカナロア

ダノンマジェスティ ディープインパクト

オブセッション 2戦2勝 ディープインパクト

オブセッションはすでにクラシック候補だが、僚馬がGⅠだと元気がなくなるという現象を冷静に捉えた場合、かなり意義深い裏路線でのハイパフォーマンスとなる。

こういうタイプは、往々にしてトライアル等でコケるものだが、評価がた落ちが当たり前に起きそうな陣容の今年、ファンとするとその方が有り難かったりする。

どの道後方からのタイプ。

ワグネリアンが有力なのは変化がないわけで、この時期までのレース内容を本番前にもう一度見返す必要はありそうだ。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方