競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

ライバル物語の行方

読了までの目安時間:約 2分

 

戻ってくるダービー馬と、勲章を一つ上積みした菊花賞馬との対決は、ここまで3年続けて行われてきたが、今年に関しては、それが何時になるのか、もしかすると再戦そのものが実現するのかも微妙となってきている。

凱旋門賞再挑戦を標榜するキズナ陣営にとっては、ダービー以降は2戦先着している上に、レースそのものを勝っているわけだから、自分がいない時にJC圧勝の実績を加えたライバルとの対戦は、熱望すること以上に、最低限乗り越えなければならない障壁ともなるはずだ。
早々に復帰初戦に選んだ京都記念には、同父の同脚質馬・ハープスターも参戦意思を示している。
たとえ勝てなくても、いい頃の迫力が戻っていなければ、今シーズンの競馬界は少し物足りないものになってしまう。

エピファネイアが、長所と短所を全て曝け出した秋3戦。
細かく分析することも大切ではあるが、大まかに言えば、条件が揃うことが好走要因に繋がる局所的最強馬の位置付けに収まった感もある。
現状、引退した馬を含め、現6歳世代とは引き出しの数が足らないのが良くも悪くもこの馬の個性。
今後、鞍上がどういう形で決まっていくかも問題ではあるが、元主戦というフレーズがまたフューチャーされるほど、適役は多くない癖馬のこと。
ゴールドシップを見ていればよくわかるが、走る気にならなかった時のケアが最優先の馬だ。

安定して毎回追い込んでくるキズナにとって、情緒不安定の気のあるエピファネイアがそばにいると、きっと走る勇気がいつも以上に湧いてくる部分もあるのではないだろうか。
その仮説を裏付ける結果が、京都記念で出そうな気がしてきた。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方