血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

レコードクロニクル<2歳レコード続発の謎>

読了までの目安時間:約 3分

 

2歳レコード連発の後期。レベルが高いこともさることながら、今年のクラシック世代、中山、福島以外では必ずレコードウインの馬が登場したのだから、驚きである。

函館
1800 1:49.7・CR クリノクリーニング 7/9

札幌 
1:44.9<稍>・NR サージュミノル 8/12 

中京
1600 1:34.2・CR シュバルツボンバー 7/9
ダ1400 1:24.3・CR メイショウオーパス<寒椿賞>

新潟
2000(内) 2:01.8・CR オウケンムーン 9/2

小倉
2000 2:01.2・CTR シャルドネゴールド 9/2

東京
芝1600 1:33.0(稍)・CR ダノンプレミアム<サウジアラビアロイヤルC>
ダ1300 1:17.4・NR ミスターメロディ 11/4
ダ1600 1:36.2<不>・NR ルヴァンスレーヴ<プラタナス賞>

京都
ダ1400 1:23.4<不>・CR ハヤブサマカオー<なでしこ賞>
ダ1800 1:51.0<重>・CR ビッグスモーキー<もちのき賞>

阪神
1600 1:33.3・RR ダノンプレミアム<朝日杯FS>
1800 1:45.6・NR オブセッション<シクラメン賞>

多分に天候の影響を受けるものだから、ダートの才能は雨の多い時期に、その雨が芝の生育に100%プラスに働いた阪神ではオブセッションが、あまりにも劇的な快時計を繰り出しての勝利を挙げた。

細かく見ていくと、大レコードは少ない代わりに、大物ではない馬ほど、地味なところでせっせと自分の仕事をしていたことが伺える。

地味な記録だから、それは簡単に更新できるというほど、こういうものは単純ではない。

絶対能力で突き抜けたハヤブサマカオーは重賞馬、ルヴァンスレーヴに至っては、ビッグスモーキーもろとも川崎で葬り去る暴れっぷり。

オブセッションはGⅠ並みのハイピッチを後方から追い上げ、直線突き抜けて独走した父ディープインパクトを思い出させるような走りで日本レコードを叩き出した。

そのディープ産駒は、阪神移転後3度目の朝日杯制覇をレースレコード更新でやってのけた。

異常な適性は知られるところだが、にしても破格の大記録である。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方