血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

レイデオロ・必要なのはキレ味ではない

読了までの目安時間:約 3分

 

キングカメハメハ×シンボリクリスエス。

メジャーでありながら、サンデー無視の配合として異質の存在感を放ちつつ、ついに日本競馬界の頂点たる・東京優駿競走の覇者となった。

相手があまり鋭い決め手がなかったとはいえ、道中、機を見るに敏の鞍上が世紀の奇策で向こう流し進出を敢行した勇気が高く評価されると同時に、それにきっちり応えた馬の能力の高さも、秋の安定したレース結果の継続により、世代屈指の実力馬であることを改めて示すことができた。

あとは、何を求めて戦っていけばいいのか。

クラシックに縁がなかったというか、藤沢和雄の競馬哲学に加えて、その路線に向く才能が手元に少なかったことで、定年間近に悲願の…、というあるあるパターンで頂点を極めた名伯楽には、ダービーへのローテやJCへのステップに対し、大変に慎重に、かつ間違いの起きないような周到な準備を施し、その中である程度納得のできるレベルの結果がついてきたという自負があるはずだ。

気性が難しいのは若き日のおじいさんを知っている人なら、誰でも理解することができる弱点。

徐々にそれが解消されていったのに、肝心のダービーではイレ込んでいた。

ジャパンCの頃にそういう不安はなくなったが、代わりに、ずっと課題としてあったスタートの悪さが、結果進路カットと惜敗に直結することに。

そのどこにも、騎手が少し心配していた決め手比べでの死角は存在しない。

キングマンボ系のキングカメハメハ産駒は走る気性の持ち主はいても、完成されてしまえば、その弱点はカバーできる。

パワー型の死角は、ダービーの大立ち回りで消え失せた。

問題はシンボリクリスエスの危うさである。

パワーがありすぎるが故に、折り合わせようとさせると必要以上に消耗してしまう。

下げるのは得策ではないから、いい位置をとれると味は出せるが、祖父とて、3歳のJCでは出負けしていた。

世界を視野に入れるには、まずは多少はスタートが上手になることだ。

それさえクリアできれば、場所を問わず、チャンピオン戦にこだわる道を進んでいってもらいたい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方