血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

私的年度代表馬

読了までの目安時間:約 2分

 

恐らく、昨年のJRA年度代表馬に選出されるのはジェンティルドンナ。

実績No.1の名牝が仕切り直しの引退戦で最後締めたことで、安穏とした年越しを迎えられた。今期の初開催後、それは現実のものに。

ただ、本質的には一番強い馬や勲章一つでも、その価値が絶大であった馬を選出すべきだ。

古馬戦でのジェンティルは、いちいち高額賞金レースで結果を残したインパクトは強いが、総じて渋いレースぶり。去年も大勝はなし。

無論、ジャスタウェイだって候補ではあったのだが、それは前年の秋天の結果を交えれば、という配慮が必要だった。

2400戦に出ていなければ迷った部分もあるが、日本では万能性が優先されやすい。

ダートは2強の痛み分け。3歳勢は能力はあっても、古馬タイトルはとれず。

ただ、主要カテゴリーと一線を画したゾーンに全く候補がいなかったわけでもない。

重賞連勝馬ではないが、2歳チャンプのダノンプラチナは、密かな1票が投じられていても不思議じゃなかった存在に思う。

まあ、厳密にJRAのレース結果にのみコミットした時代錯誤の感覚で捉えたなら、という愚考である点は自認しているが。

それでも、マイルでの3戦の勝ちっぷり。加えて、GⅠで最も強い競馬をした点で、十二分な実績と結果を出した馬と言える。

ドバイで勝った2頭が有馬に出てこなければ、この馬がイチ推しだったという前衛的発想を貫き通しても、その競馬記者の見識が常道を著しく脱線しているとは思わない。

比較の難しい古馬候補よりは、こちらの方が意外と筋が通ってる気さえする。熟考の上で、勇敢な有効票が投じられていれば面白かったのだが。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方