キタサンブラックを分析

JUST競馬予想ブログ

伝説の終焉 最終話は平穏に

読了までの目安時間:約 3分

 

キタサンブラックをきっちり分析し、その栄誉を称えるという普通のことをしてみたい。

戦績 20戦12勝

重賞10勝<GⅠ7勝>

3歳:8戦4勝<1勝>

4歳:6戦3勝<2勝>

5歳:6戦4勝<4勝>

血統 父ブラックタイド 母シュガーハート(母父サクラバクシンオー)

主なクロス:リファール4×4 ノーザンダンサー5×5×5

半兄:ショウナンバッハ(父ステイゴールド)6勝<中央4勝、地方2戦2勝>

スタミナの根拠

・雄大な体躯<古馬になってからは524kgが最低体重>

→最後の4走は全て540kg台で、一度スピードに乗せると止まらない。

ということは、スピードがあまりない場合、先行して粘りこむ中距離型に出やすい。

・常に4角2番手以内

新馬戦(今後を見据えた戦法)と菊花賞(潜在的な距離不安を考慮した作戦)以外、4騎手全てが同じ乗り方をしている

→ちなみに、最初のコーナーでも9割近く2、3番手を確保している安定先行型。

・上がり3F1位は生涯2度のみ

抑えてイン強襲の菊花賞とスタート失敗で3、4角イン進出の秋の天皇賞だけ。

→実質、これが決め手勝負で出番なしの証拠。

これはあくまで、客観的視点で捉えた名馬の素晴らしい実績である。

この辺りで実体に対する結果との整合性において、最大のイレギュラーさを成す要素を確定させておきたい。

それは理想の成長曲線、ではないだろうか。

普通はそれができない。

彼はスピード型配合ながら、そういう走りは最初は全くできなかった。

ところが、総合力がついてきて、もっとハードなトレーニングを日常茶飯事のごとくこなしていくと、ミホノブルボンの逆現象というか、遅い馬が速くなったのである。

最初から速い馬が一流になれるのが、一般常識なのに対し、5歳になって距離ごとのベストタイムをガンガン更新できた理由はそれしかない。

そんな馬は過去あまり多くなかったっし、クラシックホースとしては異能の持ち主である。

有馬記念が平穏だったのは、それが最大の理由だと筆者は考える。

 

話題の競馬指数を検証しました

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、無料で使える競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。
競馬で勝つためには、それなりの配当を的中させることが必要。 先日は以下のような超大穴も的中しておりましたが、3連単が3回に2回当たるという安定度も確認してみました。

2018年4月28日 東京10R 春光ステークス
1着 マイネルクラース  4番人気(指数1位)
2着 トウカイエントリー 7番人気(指数2位)
3着 バイタルフォース  10番人気(指数4位)

指数1位→2位→4位で決着 ⇒ 3連単 14万1,970円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方