2018年クラシック展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

クラシック展望②

読了までの目安時間:約 3分

 

重賞回顧を中心に、1月は候補生の列挙に傾注。

京成杯

異例にも近い、中間点1分切りのハイペース。番手抜け出しのジェネラーレウーノの底力は文句なしで、しっかりとそれを最後まで追い詰めていった2着コズミックフォースも一定の評価を与えられる差し馬。ただ、どこにどう繋がるかよくわからないレースであり、メンバー構成であったから、トライアルとの内容比較が重要。

シンザン記念

立ち遅れから後方外々追走、道悪のおまけつきは血統面から足かせにはならなかったようだが、アーモンドアイが思われているより遥かに強烈な決め手を披露した。ジュエラー級であることは確定。次戦では時計を縮めたい。

フェアリーS

平均遅いペースで、位置取り争いにならなかったことを利して、中団外目から堂々抜け出してきたプリモシーンが快勝。

人気を集めたテトラドラクマは、リズムを崩しながらも見せ場は作ったが、完成度では最後にそれを交わしたトロワゼトワルの方が上か。

若駒S

一見、道悪を利した伏兵ケイティクレバーの逃げ切りだが、ディープ2頭は4角までの手応えはよかった。格が違ったという見立てが筋か。

ジュニアC

無難に立ち回った新潟2歳S3着のテンクウが、上々の内容で2勝目。ヨハネスブルグの割に、1800も守備範囲か。

紅梅S

単調な先行馬ペースで、ライバルが走らず、反応できたのがモルトアレグロだけという展開。ダート経験から、道悪マイルの乱戦なら出番か。

福寿草特別はアイトーンの単調な逃げ切りが決まっただけの凡戦。

若竹賞も、レノバールの関西馬オーラが目立ったのみ。

この2戦が重要か。

菜の花賞① オハナ

軽い馬ではないが、意外と重賞級には簡単に負けてしまうキロハナ、ハナレイムーンの下。

変にキレないのが本当のいいところで、だから中山をこなせたと考えると、

1/8 中2000①オウケンムーン

オウケンブルースリ産駒ということ以上に、早くから器用に小回りもこなして、正攻法の競馬ができるトニービンというのが、ちょっと普通とは違う。

タガノマイバッハ、トキオエクセレント兄弟が母の兄に当たり、アウトサンデー配合でもあり、異質な存在感を放つ個性派なのは間違いない。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方