血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

1月GⅡと秋のGⅠ

読了までの目安時間:約 2分

 

1月に行われるGⅡ戦において、人気上位の連対馬や勝ち馬を過去10年に亘って、秋のGⅠでの好走実績について調べた。

裏を返すと、春には出番が回ってこない馬が多いというわけだ。

日経新春杯

16②シュヴァルグラン→JC③

10①メイショウベルーガ→エリ女杯②

09①テイエムプリキュア→エリ女杯②

08①アドマイヤモナーク→有馬②

アメリカJCC

12①ルーラーシップ→秋3連続③

11①トーセンジョーダン→秋天①、JC②

08①、09②エアシェイディ→有馬2年連続③

東海S

16①アスカノロマン→チャンピオン③(⑩人気)

15①コパノリッキー→骨折療養後、JBCC①

12②二ホンピロアワーズ→JCD①

<京都1900、5月>

11ワンダーアキュート→JCD②

< 〃 >

10②トランセンド→JCD①

< 〃 >

ハンディキャップ競走、中央開催か否か、出走馬のレベル等、この時期のレースだと色々制約が生まれる。

と同時に、一度ここで結果を出せば、後に繋がる展望が判然とする舞台ともいえるのだ。

2月、3月のGⅡは、基本的その時点での実力や調子が反映されるが、殊1月重賞は、単純な能力値のみを競うレースになりやすい。

相手は強力というほどでもないから、結果は即ち、実力と正比例する。

格ではAJCCが一枚上で、オールカマー感があるのが新春杯、東海Sはもう一度雑巾がけを経てから、大舞台に臨めると一発の可能性を秘める。

スピード一辺倒で押し切れるレースではなく、一定の緩急に対する適応能力も問われるから、コーナー4つの秋のGⅠに向く才能の発掘に向く舞台設定なのだと思う。

 

話題の競馬指数を検証しました

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、無料で使える競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。
競馬で勝つためには、それなりの配当を的中させることが必要。 先日は以下のような超大穴も的中しておりましたが、3連単が3回に2回当たるという安定度も確認してみました。

2018年4月28日 東京10R 春光ステークス
1着 マイネルクラース  4番人気(指数1位)
2着 トウカイエントリー 7番人気(指数2位)
3着 バイタルフォース  10番人気(指数4位)

指数1位→2位→4位で決着 ⇒ 3連単 14万1,970円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方