血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

鬼退治

読了までの目安時間:約 3分

 

節分の日の重賞レース。何が鬼だったのかが重要だったりする。今年は土曜開催で、この週は日曜しか重賞は行われない。来年以降に参考になるデータでもある。

近20年だけ見ても、意外な大物が数多く人気という名の鬼と対峙していた。

'02

共同通信杯 チアズシュタルク①

シルクロードS トロットスター⑥<14人 ゲイリーフラッシュ①>

小倉大賞典 ダイタクバートラム③<13人 タマモヒビキ①>

'07

小倉大賞典 マルカシェンク⑦<10人 アサカディフィート①>

'08

京都牝馬S(重) ブルーメンブラット④<2人 アドマイヤキッス①>

雪で月曜順延<4日> 根岸S(不) ワイルドワンダー①

'13

東京新聞杯 ドナウブルー⑩<2人 クラレント①>

きさらぎ賞 リグヴェーダ⑧<6人 タマモベストプレイ①>

 

兄弟に活躍馬がいるという馬が多い。

2月になると、そういう馬が多く出てくることもあるが、当然のことながら、この時期はまだGⅢ戦ばかりで、トロットスターなど連覇の懸かった状況で59.5という酷斤を背負わされていた。

9歳馬以下、伏兵陣に不覚を取った彼だが、もう前年の勢いを取り戻すことはなく、このシルクロードSを機に、スプリント戦でも活躍する日はもう訪れなくなってしまった。

一方、人気で負けた馬が良血だと、その後に走るパターンもある。

翌年に重賞制覇を果たすことになるダイタクバートラムは、春の天皇賞でも1番人気に推され、以後も活躍した。

3歳シーズンは故障等で不完全燃焼だったマルカシェンクも、大活躍はできなかったが、翌年重賞制覇。種牡馬入りも果たしている。

すぐ上か下に活躍馬がいる馬と言えば、チアズシュタルクも同じだが、姉同様、一瞬輝いて、すぐに消えてしまった。

'13年の2頭は、その時点での力の問題もある。

あと、ブルーメンブラットが雨が降った時に負け、雪で延期のレースを勝ったワイルドワンダーや勝ち切るも直後に病死と悲劇に見舞われたアドマイヤキッスなども、明暗に関しては、どことなく良血馬たちと似た傾向だ。

運というか縁というか、こんなところでついていても、鬼に笑われるだけなのだろうか。

力試しにはならない側面は見逃せない。

 

話題の競馬指数を検証しました

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、無料で使える競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。
競馬で勝つためには、それなりの配当を的中させることが必要。 先日は以下のような超大穴も的中しておりましたが、3連単が3回に2回当たるという安定度も確認してみました。

2018年4月28日 東京10R 春光ステークス
1着 マイネルクラース  4番人気(指数1位)
2着 トウカイエントリー 7番人気(指数2位)
3着 バイタルフォース  10番人気(指数4位)

指数1位→2位→4位で決着 ⇒ 3連単 14万1,970円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方