血統コラム

JUST競馬予想ブログ

再興のポイント(ナスルーラ系の再登場)

読了までの目安時間:約 3分

 

プリンスリーギフト-サクラバクシンオー→ショウナンカンプ・ブランディス/ベルカント・キタサンブラック(母父)

ボールドルーラー-シアトルスルーエーピーインディ→シンボリインディ

 -シニスターミニスター→インカンテーション

 -タピット→テスタマッタ・ラニ/ラビットラン

キングマンボ系ももう飽和状態。

取り込むべき既知の一流系統は、どうしてもこれかノーザンダンサー系になってくる。

伸びあぐねる在来のノーザンダンサー系とは対照的に、プリンスリーギフトやグレイソヴリンの血は、ずっと長い期間活躍馬を送り込んでいる。

「黄金配合のクロス・ゴールドシップ」<プリンスリーギフト5×5を、ノーザンダンサー同クロスと併発>

在来の星旗系ということもあり、3代母が輸入繁殖のオルフェーヴルより、父ステイゴールドが40年日本に根付いているロイヤルサッシュ<父プリンスリーギフト>のボトムラインとクロスする確率は高い。

3代母の父がプリンスリーギフトの直仔トライバルチーフという血統背景は、ノーザンダンサーの血も持ち合わせた父母だけに、単純な掛け合わせをするよりも、ずっと成功確率がアップする。

よって、ゴールドシップは2~5歳までは2200M以下で【6300】だった。

スピード血統は少ないが、影響力のある血もまた少ない配合で、前出のクロスの効果は大きかった。

昨年の芝GⅠ勝者、

キタサンブラック・アルアイン・アエロリット・レイデオロ・サトノアラジン・レッドファルクス

らに共通する、5代以内にボールドルーラーインの馬たちの活躍。

これらに加え、母がボールドルーラーの5×5を持つセイウンコウセイも、一度の激走ながら、インパクトを残す快走を見せた。

ベルカントもキタサンブラックも過去の存在になってしまったが、もうそろそろバクシンオーの代表産駒であるグランプリボスの仔もデビューする。

これが父はプリンスリーギフトの直系で、母母父がボールドルーラー直仔にして、その傑作たるセクレタリアトだ。

根幹距離に向く配合。

今の現役馬だけでなく、今後の発展性でも、サンデー系と違う意味で貴重な存在感を放ち続けることだろう。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方