競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

競馬学<大レコードの本質>

読了までの目安時間:約 2分

 

僅か0.2秒の差で、まるで別次元の展開になるのが競馬の奥深さだ。中山の2000Mでは、つい先日歴史的レコードタイムが刻まれた。
A:15・中山金杯<革命> 1着ラブリーデイ
<59.4-(58.4)=1:57.8>
異常なラップのない力勝負<古馬重賞的>

B:14・皐月賞<極限値の再確認> 1着ロゴタイプ
<(58.0)-60.0=1:58.0>
典型的なレコードラップ<GⅠ的>

類例に古馬の主要2000重賞のレコードも併記しておく。
天皇賞(秋)
11・トーセンジョーダン(56.5)-59.6(現日本R)B
参カンパニー59.8-(57.4)<勝ち馬の上がり:32.9>(コースタイR)
11年産経大阪杯
ヒルノダムール59.3-(58.5)A
Aは馬場状態の影響が大きく、Bは総合力が求められる。

直線平坦だと、
13・秋華賞・ショウナンパンドラ(58.0)-59.0
08・札幌記念・タスカータソルテ(58.4)-60.2
旧中京では、
04・金鯱賞・タップダンスシチー(58.2)-59.3
その他もパターンは一定。全てB。

中山2000で2分を切るようになってから、今回初めて完全な後傾ラップによるレコード決着になった。長距離戦と似た傾向で、上がりの脚が極限値の場合が多い。ラブリーデイは34.2秒。超スローでも速いくらいの脚だから、このタイムを破るのは困難かもしれない。2着だったロゴタイプの皐月賞でのラップが前傾ラップレコードの限界であることを前提とした論理だが、少なくとも金杯でのレコード更新に関しては、空前絶後の大記録である。
コース形態からも、記録更新にはテンからラップを削るしかない。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方