血統コラム

JUST競馬予想ブログ

ヒント スピード型の分水嶺

読了までの目安時間:約 3分

 

どうして速い馬にならなかったのか。

どうして、そのまま中距離タイプに育たなかったのか。

ロードカナロア

サクラバクシンオー

思えば、サクラバクシンオー産駒で最初に重賞を制したのは、今やクラシックの登竜門として実際の格以上の価値を誇るきさらぎ賞の勝者・メジロマイヤーだった。

すぐ後に高松宮記念を勝つショウナンカンプが登場したから、メジロマイヤーがしばらくして、また同時期に行われる小倉大賞典を勝ったことなど、もうほとんどの人が忘れていることだろう。

プリンスリーギフトを3本とも5代以内に持つ彼が、皐月賞に挑んでいるのだ。

結果は伴わなかったが、3歳春に路線を短距離に定めた父とは、やはり異質な道を進むことになる。

ロードカナロアはいったいこの後どうなっていくのだろうか。

主な活躍馬は、

<同父のエース>

ステルヴィオ

アーモンドアイ

<今一つ?>

ダノンスマッシュ

アンヴァル

アンフィトリテ

何となく、イメージ通りの馬ほど、明けてからの本番に向けた戦いの中で、ポカが続いている印象は拭えない。

本格派に育つ系統という素地は、すでに母父としてクラシック路線で結果をまずまず出しているストームキャットの血を持つことで、能力を担保されている。

しかし、サクラバクシンオーがそうであったように、本質で距離延長を好むタイプは、なかなか古馬になってからは苦戦することが予想される。

第一、気性的に距離不安が付きまとうのが通常だろう。

万が一にも、3歳春の2400タイトル奪取は有り得ても、菊以降の古馬長距離タイトルに縁があるようには思えない。

ディープインパクトはサンデーサイレンスよりも長距離カテゴリーへの適応が遅いようで、ライバルのスタミナが平準化したことにより、一昨年はついに菊花賞馬が誕生した。

一方、短縮条件では今年もシャイニングレイが伏兵ながら人気より走らなかったし、ゆっくり動いていく方が合う父似の馬の方が結局走る。

互いのいいとこどりであるロードカナロアに、べらぼうに得意な条件があるわけではない可能性を感じる。

まだ本物に育ちそうな短距離型は出ていない点は重要だ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方