血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

レース史は語る

読了までの目安時間:約 2分

 

ゴールドシップは勝てるのか。アメリカジョッキークラブCの輝かしい歴史から探る。

昭和期は関東馬全盛の時代。優勝馬の質も極めて高い。
連戦で疲弊していたハイセイコーが飛んだ74年は、タケホープがダービーと同じ舞台で再度返り討ちにし、後の天皇賞制覇に弾みをつけた。
82年のアンバーシャダイ<翌年も制覇>や2200M定着後にミホシンザンが87年にここを勝って、盾奪取に成功している。
グリーングラスは1勝2着2回。2着した年に春天と有馬を勝った。他にもスピードシンボリ、サクラショウリ、ホウヨウボーイ等が大レース制覇の前に快勝。
マツリダゴッホ(07年)はその正統後継者だ。4馬身快勝は、年末の大穴快走に繋がった。
アメリカンボス(01年)も似ている。が、これらはゴールドシップの立場とは少し違う。関西馬ということもある。

その関西馬。11、12年とトーセンジョーダンやルーラーシップが、超スローや不良馬場で総合力の違いを見せつけ、GⅠ級への成長を人気に応えて証明した。
ただ、98、99年にメジロブライトやスペシャルウィークが楽勝した時を除くと、だいたい関東の重鎮が勝っている。
もっと嫌なのが、ステイゴールドードリームジャーニー親仔も、その流れに呑み込まれ、各々1番人気で00年2着、09年8着だったこと。フェイムゲームは難敵だ。
シャドウゲイトが10年に2着しているが、GⅠ馬が連対したのはスペシャルウィーク以降でその1回のみ。さてさて。

ようやく勤め先が決まったらしいイチロー選手が、若き日に埃を被った古い記録を思い出せさせる活躍を見せたように、白さを増した巨体が躍るシーンへの期待は、ファンの未必的関心を集めること請け合いだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方