春の天皇賞 コラム

JUST競馬予想ブログ

春天転換期

読了までの目安時間:約 3分

 

 

2017

史上最高の春の天皇賞だと、筆者は断言する。

王者が制し、その後にもGⅠ馬が続いた。これがあったから、負けたけれどもJC制覇に繋げたシュヴァルグランの転機だったという考え方もあっていい。

面白かった。

ヤマカツライデンの果敢な大逃げと、キタサンブラックを知り尽くした武豊騎手の強かにして積極的な勝負への姿勢。

追う側の狙いと伏兵の戦い方など、見るべきものはたくさんあった。

不発の関東馬は残念だったが、地元関西の有能な古馬が実績に見合った走りを見せ、レースを締めた。

ある意味、終始狙い通りのイン溜め→直線鋭伸を目論んだアドマイヤゼウスの伏兵らしい走りも、惜しいというところまでは見せたが、普通に考えて、前年の京都大賞典2着馬。

その前に自分の持ち味を消されるような負け方をしていたから100倍のオッズも、結果だけ見たら、ビートブラックやカレンミロティックを忘れたのか、という話であったように思う。

坂を上っている時から、後ろの動きに左右されず、本来自分がとるべき「直線入り口で内に馬を置かない先頭グループにいる」というスタンスを踏襲した武騎手は、やはり、普通の思考回路ではない。

誰がどう考えても速いわけで、後ろだって追いかけるので精一杯。

勝負の常道ならば、下りは我慢である。

しかし、前がタレることを計算に入れて、それでも、伏兵のイン強襲や追撃者の理想的な追い上げを許さないために、誰でも踏み入れることのできないゾーンに、自ら好敵手を誘ったのである。

この馬なら大丈夫だと思って…。

3:12.5はキタサンブラックのものである。

しかし、その時計で走らせたのは、紛れもなく武豊。

直前の大阪杯がかなりの楽勝で、あまり詰めて使うことはない馬に中3週のローテを課しながら、ハードに攻めた調教は圧巻だった。

そりゃ、宝塚は走らないよ。

鞍上が見ていたのは、シャンティイで走るイメージ図だったのだろうか。

そう考えると、あの仕掛けにも合点がいく。

ここまで明確な「仕掛け」は、自信の表れだったのかもしれない。

鞍上にも意地がある。

この辺りから、武豊は通常運転に回復したように見受けられる。

 

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方