ダービーコラム

JUST競馬予想ブログ

ダービー 罪

読了までの目安時間:約 3分

 

2015年・第82回

記憶に新しい、ニューダービーレコードが出現した一戦。

ただ、連対馬2頭に二度と春が訪れなかったのに対し、

③サトノクラウン 香港ヴァーズ、宝塚記念

④リアルスティール ドバイターフ

⑭キタサンブラック GⅠ7勝

という面々が人気には応えられなかったものの、後に大仕事をした、否、上位2頭の穴埋めをしっかり果たすのであった。

時は経て、キタサンブラックは最も遅いデビューから、3、4着馬より先に引退できるだけの結果を残して、大半がターフを去った。

意外性の男は、3歳当時の評価を再び勝ち取ろうとしているが、昔の方が強かったというのが本筋か。

ノンコノユメ、サトノクラウンの話。

さて何故に、タブタイトルが罪となるのか。その根拠を示さねばならない。

横山騎手のミュゼエイリアンが先行して、流れはタイトになった。5F通過58.8秒は、ドスローも増えた最近のダービーの中では、完全にハイペースの括り。

みんな追い込むだろうと思っていたミルコのドゥラメンテは、中団の外で、至極当然のダービーポジションからの抜け出しを図ろうした。

マークする方法に切り替えた対抗馬のリアルスティールは、皐月賞の決め手の違いを考えたら、もう見せ場作りを勝負の決まった後にするしかない状況。

差せる馬がいるわけないし、前が残れる保証もほとんどない。

想像以上というか、単勝1.9倍らしい走りで異次元の反応を見せたドゥラメンテは、今度こそ真っ直ぐに走って、楽々レコード勝ち。

コースロスなく追い詰めたサトノラーゼンは、勝ちたい男・岩田を満足させる2着快走に納得のコメントを残した。

伏兵に甘んじた組の着順は前記の通り。

が、ドゥラメンテは直後に故障発症。

翌春のドバイで、凱歌が上がったのはドゥラメンテではなく、リアルスティールの方だった。

これがいいのか、悪いのか。

続編がなくなるのは、クラシック戦の常でがあっても、特別感があっさり失われてしまうのでは、虚しささえ感じしてしまう。

人の罪か才能の罪か。

ひと先ず、産駒の競走に能力を見定めてから、その答えを出すべきなのかもしれない。


■ 話題の競馬指数を検証

WIN5で200万馬券を的中させ、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方