日本ダービー コラム

JUST競馬予想ブログ

ダービー 華

読了までの目安時間:約 3分

 

ディープインパクトという宝物

ディープのスカイは置いておくとして、

’12 ディープブリランテ

’13 キズナ

’16 マカヒキ

ら、3頭の親仔制覇の産駒を送り込んだディープインパクト。

その後活躍できなかったという点では、皐月賞馬だとディーマジェスティや何とも言えない戦績の続くアルアインらが同じ括りとなるか。

どうせなら、リアルスティールやサトノダイヤモンドのように、古馬タイトルをちゃんと獲れる馬になった方が、本当の意味での価値は生み出せるはずだが、そこはダービーであり、クラシックレース。

未完成期に何ができるかを問うという意味が、クラシックレースの本質とするならば、自分の最高点をGⅠ優勝に設定できる古馬タイトルは、より高水準でなければ、誰も評価できない。

だから、3歳にやりきれることの限界に挑むことの価値が、ずっと不変なのだろう。

思えば、

’12 ③トーセンホマレボシ

’15 ②サトノラーゼン

’16 ②サトノダイヤモンド ③ディーマジェスティ

’17 ③アドミラブル

という結果も、実は見逃せない。

彼らの祖父サンデーサイレンスの場合、

6勝2着5回3着3回

という11年間に亘る記録が残されているわけだが、並ばないまでも、輸入種牡馬の孫世代がここまでやっていることが、日本競馬の新常識になっていると言えるのだ。

ブライアンズタイムは3勝、トニービン2勝で、サンデー直仔の産駒は、ディープスカイ優勝から7頭登場していて、うち3勝がディープ。

なかなか直系が育たない、それもクラシックシーズンに勝てない馬が多かったことを踏まえると、ディープブリランテ産駒は重賞も勝っているから、流れはもう止まらない状況にある。

サンデー系は即ち、ディープ系になる。

そのキーホースが、今年ついに登場する。

・ダノンプレミアム

・ワグネリアン

・キタノコマンドール

個人的には、回りまわって結局はディープではと考えている。

何故なら、昨年も3月以降に活躍した馬がダービーでは来なかったからだ。


■ 話題の競馬指数を検証

WIN5で200万馬券を的中させ、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方