札幌記念

JUST競馬予想ブログ

もう秋モード

読了までの目安時間:約 2分

 


松田博資師が不遜とも捉えられかねない態度で受け答えしている姿を見て、思わずニンマリ。でも、とても頼もしかった。

パドックで見たハープスターはお世辞にもいい出来ではなかった。が、その30分後、4万とも言われる観衆の視線を釘付けにしたわけで、手応えはそれなりにあったのだろう。

納得の結果。負けることなど一切気にしていない。

それなのに、ゴールドシップにだって勝てる、と考えていることも一目瞭然だった。

 

乗り替わり濃厚の状況に、師は心の内で、こいつ降ろしても意味ないと思うぜ、という本音を隠しているような気がする。今までもずっと、そう思ってきたはずだ。

 

田辺騎手が元気だ。たかがGⅢ2勝にプラスアルファの勝ち星があるだけだが、このサマージョッキーチャンピオン候補は、今自分の仕事を全うできている。

メイショウナルトは逃げる脆かったが、馬の気ままに前半行かせた七夕賞で、3角過ぎからより後続を引き離そうとする中舘作戦を敢行し、ツインターボみたいな競馬で快勝してみせた。

小倉では少し失敗したが、きっとベストの条件じゃなかったから無理させなかったのだろう。

 

気難しいクラレントも、お手馬のような手綱捌きでダノンシャークを完封。

結果としてあの位置が理想的だった。結果論ではなく、彼にとってのベストポジションはその時と場面によって違うことを、しっかり心得ていた。春より更に進化した勝負師。秋が楽しみだ。

 

あと丸田騎手。函館SSのクリスマスも北九州記念のリトルゲルダも、テン乗りで結果を出した。

ダンスインザモア復活勝利当時よりも、勝負所での判断が冷静かつ自然だった。大化けするか。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方
 
«  | ホーム |  »