アンバルブライベンとワイドバッハ

JUST競馬予想ブログ

地味なのに派手

読了までの目安時間:約 2分

 

日曜日に行われた重賞2競走で2番人気だった馬が、ともに好走。それも極端な脚質ながら、双方スローペースとなった展開を一方は利して、もう一方は完全に逆らう戦法で自分の出来る仕事をやりきった。

また、昨秋に初重賞制覇を成し遂げた点も全く同じ。一体、どうなっているのか?
まあ、週末大爆発のキングカメハメハ産駒がメインでは大人しく3着止まりで、信じるものは救われるという意味では渋めの炸裂の仕方に収まったのも、やはりアンバルブライベンとワイドバッハの充実ぶりがあってのこと。
できれば、シルクロードSのメイショウツガルの方が来てほしかったのだが…。

更に、彼らにはもう一つ共通点がある。
それがタイトルの通り、地味なのに派手な仕事をするという地味な部分の根拠である「在来牝系」出身の隠れ良血馬ということ。
今さらだが、2つのゴールシーンを振り返ってみると、それはキングカメハメハより必然性があったように思う。

シルクロードSを逃げ切ったアンバルブライベンは、母が東海ウインターSを制したチェリーコウマンとはいえ、ツルマルガール・ボーイ親仔やネーハイシーザー、フェブラリーS好走馬を何頭も送り出したエスサーディ系の中では完全に傍流という位置づけ。
近親は、今や皆がチェリーコウマンとその兄弟の子孫だ。
ワイドバッハも似たようなもの。国内指折りの大繁殖牝馬・アストニシメントの末裔で、オークス馬チトセホープを出したエベレストの亜流。

昨年のGⅠシーンでは、サンデー系の猛威をこれ以上なく体感したが、非サンデーの血が東西の重賞でワンツー。
少しずつだが、確固たる対抗株が蠢き出したようだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方