血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

札幌記念の名牝史

読了までの目安時間:約 3分

 

GⅡが夏にできるということで、皆が注目した時、期せずして登場した名牝が、常識を打ち破る快走をするような気配が、既にあった97年。

そうエアグルーヴが参戦した年である。

彼女が天に召されて久しい今日この頃、札幌記念らしさについて、ざっくりながら、振り返っていこうと思う。

牝馬は多く勝っている。

テイエムオーシャン

ファインモーション

ヘヴンリーロマンス

フサイチパンドラ<インフルの影響で2週繰り下げ>

フミノイマージン

ハープスター

フミノイマージンは前年重賞3勝。

加えて、3歳時に札幌2000Mで圧勝した実績あり。

後は全てGⅠ馬である。

洋芝をこなせような配合で、実績はともかく、ローカル場の軽い競馬に持ち込ませないことで、底力をフルに発揮すれば、秋の天皇賞ほどのレベルにはならないから、十分に牝馬のトップクラスでも通用する。

全ての馬に共通するのは、ここに至るまでの間に、男勝りの評価を得ていたということ。

無論、札幌記念を勝ったことでそれが確定されるわけだが、ダービー云々の話が話題に上るとか、フサイチパンドラはJCでメイショウサムソンに先着、ヘヴンリーロマンスも準オープンの時に、アサクサデンエンが安田記念を快勝する半年前に完勝しているくらいで、牝馬相手では物足りないところがあるような馬には、むしろ、適鞍という向きもなくはない。

唯一、エアグルーヴを除くと、ここを勝った時は既に、絶頂期を過ぎていた面があるのは残念。

ある意味、ファンからするとその実績を正当に評価すれば、あまり難しいことはないのかもしれないが、ファレノプシスが好走した99年は、肝心の女王杯で不利等もあり不発だったのに対し、凡走の翌年には本番を勝ち切っている。

強さしか見えなかった98年のエアグルーヴは、秋は惜敗続き。

やはり、牝馬にはリスクの大きい舞台なのかもしれない。ブエナビスタは、参戦しなかった古馬時代の方が、秋の戦績はずっと優秀だった。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方