血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

競馬学<血の魔法>

読了までの目安時間:約 2分

 

・ミトラ<1400オープン特別勝ち→2000以上重賞連続連対>
母は短距離で3勝。東京芝1400Mレコード走の根拠。
一方で、時に名うての砂巧者を出すシンボリクリスエスの産駒でもあり、福島記念の勝因は、一族にメイショウサムソンがいる血統背景も影響していると推察される。

・アドマイヤデウス<フェブラリーS勝ち馬の本質>
祖母はステイヤーズS2着のアドマイヤラピス。叔父がアドマイヤフジだから、皐月賞の穴候補に上って何ら不思議なことはない。が、父はダートで2年以上一線級の活躍を見せた馬。こういう場合、父の本質的な部分がより反映される場合が多い。

・アンバルブライベン<ステイヤーからスプリンターという共通項>
上の2頭をごちゃ混ぜにしたようなのが彼女。
米産なのに英セントレジャー勝ちのキングマンボ産駒である父ルールオブローは、産駒が意外な短距離適性を示す。ペイシャオブローも1200オープン2勝。
母チェリーコウマンもウインターSというダートの長距離重賞を制しながら、この結果。

共通点は、父がスタミナ勝負になる舞台でスピードを武器にGⅠを制したこと。
ルールオブローは、マイルGⅠ覇者の系譜を受け継いだ万能型種牡馬のキングマンボ。
上記の日本で走った2頭も、速さやしなやかさをサンデー系の及ばない領域でフルに発揮した同期の華。

僅かな差が距離適性に大きな影響を及ぼす今の競馬は、時計の速すぎない短距離戦や時計の求められる中長距離戦で、ままこういう不可思議な出来事が巻き起こる。
彼らは素晴らしい結果を出した。サンデー系全盛時代に歯向かった無頼派と穏健派の血が、サンデー系のキレに立ち向かう渋とさに繋がったのであろう。
魔法にかかっているのは、先入観に囚われた我々人間の側なのかもしれない。

参考:競馬必勝法各論


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方