2018年ローズS,オールカマー,スプリンターズS

JUST競馬予想ブログ

牝馬のための試練

読了までの目安時間:約 3分

 


ローズSでベストパフォーマンスの型が決まる

差すなら差す。逃げるならちゃんと先行する。

アドマイヤグルーヴが中団から差し切る形を実践し、休み明けでも逃げてそのまま押し切ったダイワスカーレットの例もそう。

本番のコース形態を考え、策を変えたような馬は、その後に成功することはほとんどない。

スイープトウショウは早仕掛けを反省し、ブラックエンブレムは元の先行策をペースに合わせて若干のアレンジをした、というような成功パターンがあっても、限りなく、ここの時点での戦法は、その馬の脚質とイコールとなる。

今は、牝馬にはタフな阪神外回り。自分のスタイルがなければ、GⅠなど臨めない。

今年の場合、先行して勝ったカンタービレと差して完敗のサトノワルキューレが、展開次第で面白い以外、大いに見どころのある競馬にならなかった。

 
オールカマーはキャラ確定の舞台

ヒシアマゾンやメジロドーベルが好き勝手にやっていた時代を経て、近年再び、牝馬が活躍する舞台になった。

1年前の秋華賞の順番通り決まったショウナンパンドラ-ヌーヴォレコルトの決着を挙げるまでもなく、休み明けラキシスの調整過程での2着や、東京巧者の印象ばかりが先行していたルージュバックのイン強襲の勝利など、普段の力を発揮するのには若干合わない舞台だからこそ、本質的なものが見えてくることは多い。

後に中山で活躍していない点でも、興味深い傾向と言える。

 
スプリンターズSに牡牝の壁はあるのか

短距離GⅠということもあり、GⅠ昇格後の平成期で8勝が牝馬というのは、他にはない傾向。

うち、GⅠ連対実績のない馬が勝利したのは、夏の重賞を連勝してきたスリープレスナイトとカレンチャンだけ。

一流馬の出現率を考えたら、香港馬も多く出走する舞台でもあり、実力のある牝馬には有利。

むしろ、変に人気になった牡馬は気を付けて押さえないと、きっと痛い目に遭いますよ、という見立てもできなくはない。

GⅠ実績を補うだけの上昇度を見せていない牝馬は、無理に追いかけない方がよい。



■ 指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R メイクデビュー阪神
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018/5/27 WIN5
東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

タグ :

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方