血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

神戸新聞杯勝者の歴史

読了までの目安時間:約 3分

 


外回りの2400M戦になってから、2200M以下のGⅠで連対した勝ち馬は、

ドリームジャーニー

オルフェーヴル

ゴールドシップ

奇しくも、春秋グランプリで鬼のように強かったステイゴールド産駒のスリートップなので、これはあまり参考にならないか。

 
ここを勝って菊花賞連対というのは、

ローズキングダム

オルフェーヴル=三冠馬

ゴールドシップ=二冠馬

エピファネイア

サトノダイヤモンド

ほぼほぼ、ダービー2着馬の3戦連続好走の構図が見えていた状況で、いずれも菊花賞は断然の支持を集めていた。

 
ただ、春の天皇賞と有馬記念両方で連対しているのは、ゴールドシップのみ。

好走こそすれど、真のステイヤーが減ったという証左が、こういう傾向として現れているとも言える。

ここは菊花賞トライアルであって、長距離GⅠの能力指標を見極めるレースとしては、あまり機能していないのだ。

 
ちなみに、有馬記念も天皇賞に関しては、最近ではJC好走馬の活躍は見られるが、連対馬の多くは、秋の天皇賞2着馬やセントライト記念優勝馬だったりする。

本質的なレースレベルは、2400Mより短い距離の方が高いのである。

 
だから、長い距離に逃げようとすると、進むも地獄戻るも地獄、となってゆく。

菊花賞優勝後に活躍する馬が少ないのは、距離適性で制したわけではないから。

神戸新聞杯連対-菊花賞1番人気の馬は、数多存在するのに関わらず、上位以外の馬で活躍したのは両方勝てずに、翌春にマイラーズCを制するリーチザクラウンくらいなもの。

トライアルがトライアルとしてしか機能しなくなったことで、その後の身の振り方が難しくなってしまっているのは、火を見るよりも明らかだ。

 
今年、3歳王道路線を進んだ2頭が登場。

共同通信杯も今や、トライアル回避・直行ローテの王道と考えた場合、クラシック皆勤賞にして、菊花賞好走<大半が2戦で連対>という枠にピタリとはまるから、菊へ向かうだろうエポカドーロが神戸新聞杯を勝ってしまえば、後の活躍場所は違っても、長距離戦である菊花賞での連対はほぼ約束されている。

それができなかった場合…。本当の挑戦はここから始まる。



■ 指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R メイクデビュー阪神
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018/5/27 WIN5
東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方