ハープスター&キズナ

JUST競馬予想ブログ

速さと鈍さ

読了までの目安時間:約 2分

 

一応、ハープスターにはヴィクトリアマイルという逃げ道があり、キズナもジャパンカップを大目標と設定すべき性質が既に示されている。
ただ、それは野暮ったいというのが陣営の考え。今年初戦は、各々課題を残す結果に。

ハープスターにとっての好位抜け出し策は、気が向いたときだけハマる究極の奇策だとわかった。
思えば、スタートが良かった時のディープインパクトが、まともにレースを出来た記憶はない。ただでさえ、距離適性に疑問を残したままの桜花賞以後のローテである。
よく比較される同父・ジェンティルドンナとは、内面的性質の差もあるが、明らかに後輩の方が器用さに欠ける。
でも、ジェンティルだって東京2400専門馬だ。ウオッカ、ブエナビスタとは異なり、皆本質マイラーながら、ディープには特定の縛りがあるようだ。
通常は、2000Mが限界なのだろう。

京都新聞杯優勝時と変わらぬ、キズナの直線スパートの戦法。
一方、時計勝負における惜敗は、速さを問われた時の課題も明示した。
道悪巧者のエピファネイアをダービーでねじ伏せ、返す刀で初遠征のニエル賞では英ダービー馬を封じた底力の持ち主のこと。レースレコードの決着がキズナのスピード能力の限界を顕在化させたのでは?
ステイヤーの輝ける舞台が合っているのは確かだが、京都はいつでも時計が出る競馬になる。同時に、良馬場のロンシャンの対応力にも怖さが残る。

まあキズナには、この先もしかするとの早仕掛けからの粘り込みに可能性を残すが、ハープスターには、それが拷問に近い心的ストレスを誘発する愚策にもなりかねない。速いサラブレッドが作り出した個性は、これほどまでに相反しているのである。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方