2015 クラシック展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

クラシック展望②

読了までの目安時間:約 2分

 

何だか一気に勢力図が書き換えられてしまったから、戸惑うことばかりである。ただし、GⅠ馬が弱いわけではない。
川崎で激走したディアドレムも、斤量差があった割に、ヒヤシンスSでは見せ場を作って4着。ただただ、勝った馬があまりにも強かっただけのこと。

キャットコイン<クイーンCを正攻法での抜け出し>
クルミナル<エルフィンS快勝>
らは、例年なら急進勢力として、相当の評価を受けて本番に向かうはずなのだが…。
同じ無敗でも、ルージュバックは、あまりにも軽やかに出世レースを疾駆していたから、疲れる理由など微塵も見つからない。
歴代の「牡馬」のきさらぎ賞優勝馬を思い起こせば、桜花賞での評価は想像するまでもない。

ドゥラメンテ
リアルスティール
ら、共同通信杯好走2頭は、重賞初挑戦で見事賞金加算に成功。例年なら、きさらぎ賞好走のポルトドートウィユなども堂々としていればいいのだが、牝馬に負けたからではなく、決定的な差をつけられてしまったことが、賞金加算の勝者であることよりも悩ましい。3頭とも出てくれば、クラシックはより盛り上がる。

また下級条件でも、春最終戦に間に合うかどうかという才能が、新馬を楽勝している。
サブトゥエンティ
グレーターロンドン
レゲンデ
は、血統もピカイチで、普通はもっと騒がれているはずなのだが。前出のヒヤシンスS勝者のゴールデンバローズ、500万勝ち組なら、牝馬では(地)のアイライン、牡馬はキロハナが面白い。パドックの時点で皆オーラが違っていた。

牡牝共GⅠ馬にスケール感で比肩するクラスが登場。2月の重賞好走馬は、古馬になっても注目馬である。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方