競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

中山記念考

読了までの目安時間:約 2分

 

サクラローレル、サイレンススズカ、キングヘイロー、トウカイポイントらが、初GⅡ制覇を果たしたのが中山記念。
ローエングリン、バランスオブゲーム、カンパニーなどは2度このレースを制し、古くはハイセイコー、クシロキング、スズパレードがビッグタイトルを獲得した年に、充実期であることを示す快走を見せた。
最近では、ヴィクトワールピサやジャスタウェイが、世界制覇の足掛かりに圧倒的なパフォーマンスを披露し、ここから羽ばたいていった。

決まって、関東馬は中山職人、関西馬は後のGⅠ馬が勝つというのがセオリーの特殊な1800重賞。
無論、関東馬の方が圧倒的に優勢のレース。有馬記念や日経賞とも共通した不思議なことが起きる競馬として知られる。

3月末の古馬GⅡ群の覇者が必ずしも、後にGⅠを制していない近年の傾向と比べても、こちらの方が出世レースと言える。
古馬のGⅡというのはそれぞれ個性的なもの。
このレースの場合だと、クラシックトライアルとは違い、また、その天皇賞・宝塚、安田記念に繋がる前哨戦にはない古馬戦特有の多様な展開への適応力が、あまり走りやすくないコースレイアウトのためにより高度なものが要求され、その結果は、人気馬の底力を反映している。

今年は、2世代の皐月賞馬とオークス馬との直接対決がレースの肝。
京都記念のような展開もあり得るから、あまり悠長なことを言っているとひどい目に遭うかもしれないが、サクラローレル以外は、みんな秋以降の競馬で好走歴があった馬しか上位には来ていない。
関東のGⅠ馬3頭が中心であることに、いささかの揺るぎもないといった状況だ。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方