後藤浩輝騎手

JUST競馬予想ブログ

悼むために

読了までの目安時間:約 3分

 

土日の乗り替わり手続きが全て完了し、その内容が発表されたのは金曜日の夕刻だった。
次週以降も、乗るべき馬は沢山いたはずで、ある種の職場放棄は事情を慮らなければ大変迷惑な話なのだが、今はそう思う余裕もない程の無力感が、競馬界に沈滞している。

「何故」
その答えを即求めることは、とてもつらい作業であって、また無粋な人間のやることにも思うが、最近信じられないような不幸に数多く見舞われている日本人が、そのことをすぐに無意識のうちに忘れてしまおうとしているような気がして、本当に堪らない。
もっと、前向きな姿勢でゴッティーを悼むには、彼が我々に求めてこなかった「不遇への共感」について、後悔をしながらも、競走馬という経済動物が折角介在しているのだから、それに癒してもらいつつ、熟考するより道はない。

騎手稼業は、どう見繕っても個人事業者である。その上、命へのリスクが大きい。
トップに近づくにつれて、騎乗馬の質が上がり、無理をしなくてもいい勝負になる半面、走る馬ほど個性的で、それは思わぬ事故に繋がることがある。
感受性にも長けた後藤浩輝という男は、馬を深く愛する騎手だった。
何度となく、騎手復帰はおろか、日常生活にも支障が出るような大怪我を積み重ねた事は、もしかすると、馬が死んでしまわなかったことで救われてきたところが、多分にあったようにも思う。
今回の落馬事故は重賞競走で起こり、何よりリキサンステルスは死んでしまった。

木曜日に何があったのか図りかねるが、真面目で賢い彼は不条理を自分の中で処理しようとして、今回ばかりは耐えきれなかったのかもしれない。
所詮は個人事業者。その職種があまりに特殊であるため、非関係者にできることはとても少ない。
心の不安は馬にだってある。今週は休養できなかったのだろうか?これが、我々の今提示できる唯一の回避方法だ。
稀代の表現者に捧ぐ。合掌。

 

話題の競馬指数を検証しました

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、無料で使える競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。
競馬で勝つためには、それなりの配当を的中させることが必要。 先日は以下のような超大穴も的中しておりましたが、3連単が3回に2回当たるという安定度も確認してみました。

2018年4月28日 東京10R 春光ステークス
1着 マイネルクラース  4番人気(指数1位)
2着 トウカイエントリー 7番人気(指数2位)
3着 バイタルフォース  10番人気(指数4位)

指数1位→2位→4位で決着 ⇒ 3連単 14万1,970円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方