2015クラシック展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

希望の星① -クラシック最有力馬-

読了までの目安時間:約 2分

 

しなやかなフォームが無駄のない燃料効率を可能にしたかのような、未来感を堪能できる才能。今年何故か多い3戦3勝馬の中でも、各重要ポジションを担うだろう2頭を改めて分析する。

・ルージュバック
ヒルノダムールやレッドディザイアらが輝いた淀の舞台で、あり得ないシチュエーションながら断然人気に応えた彼女は、人間風に言うところのその兄弟馬とは、作りがちょっと違っていた。2、3戦目では、何の縁か、注目の良血牡馬とも対戦した。

ただ、「名牝道はJFを起点とす」の格言に逆らったローテには、不安もある。
マイル経験のない候補が人気になる桜花賞も、シーザリオがいた05年以来だ。アドマイヤグルーヴやダンスインザムードも似たようなところがあったが、ダンスはマイルを使っていた。07年以降でも、マイル重賞未経験馬は連対すら困難な状況。
注釈:例外はルージュバック、となるか否か。最強を名乗る資格が次戦で問われる。

・サトノクラウン
粗を探せば、きっとそれはルージュバックにも共通する本当の意味で揉まれた経験がないこと。
でも、期待馬の集まる競馬にドンドン参戦していけば、得られないものだってある。うまくいってしまうと、信じられないような展開には対応できない。それが牡馬路線の面白さでもある。

皐月賞という舞台がいつもそのことを人気馬に問うてきたが、真の課題はダノンプラチナやドゥラメンテらとは皐月賞が初対戦であること。
一番はまだ決まっていないが、ダービーの前にはもう断然評価を得て、世界を視野に入れた戦いにしていきたい。
位置を下げたら機動性を活かせないから、ルメールの勝負勘が肝となる。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方