血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

コース改修の妙<高松宮記念の進化>

読了までの目安時間:約 2分

 

ハイセイコー、オグリキャップらが勝った時代とは、レースコンセプトがまるで違う。距離短縮後の勝者に学ぶ。
20回目のテーマは、現役チャンピオン決定戦。
香港のトップスプリンター・エアロヴェロシティなる9文字以内の名前の実力馬参戦は、主催者側にもうれしい。(笑)
南半球のマイナー血統を凝縮した配合の馬が、日本で走ることの意義はあるが、それ以上にドバイやオーストラリアでも、同価値のレースがこの時季に、中京は時計が掛かりますキャンペーンを張っても、水を撒いても速いものは速いと平行線を辿ること間違いなしの状況ながら来てもらったのだから、きっちり力を出し切ってもらいたい。
ロードカナロアにも感謝である。

本質マイラーは最近来ていない。
それはしかし、活きのいいの新星が、若いうちに力を出し切るべき正しいスプリントGⅠの在り方にも思える。
日本の距離別体系が、重賞競走の再整備と増設を繰り返す中で、この不思議なポジションにあったレースは、今確実に、春の「真のビッグタイトル」へと成長を遂げようとしている。
その証拠が、前年覇者に香港スプリントの覇者と日本馬で再先着した昨年の1番人気馬ストレイトガールも登場するという、スプリンターズSでも滅多にない好カードになったことだ。

冷静に判断すればは、ロードカナロアやカレンチャンがいないのでは一枚落ちの感も否めないが、キンシャサノキセキが連覇して以降、ミッキーアイルのようなマイル以上のGⅠ好走馬は、一切来なくなった。
今年も、そういう競馬になると考えるべきだろう。
熟成されたGⅠの伸びしろは、これからもその幅を広げていくはずだ。今注目のレースである。


■ 話題の競馬指数を検証

WIN5で200万馬券を的中させ、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方