血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

ダート馬の分水嶺

読了までの目安時間:約 3分

 

ダート王に返り咲いたホッコータルマエと、ダービーのお返しを究極のJCで完遂したエピファネイア。
共にスーパーエースではないが、これ以上の才能もまた少ない。

あくまでも、ターフがメインではないのがドバイミーティングの本懐。
ただし、無残にも討ち死にしたジャパニーズスターに学ばなければ、謙虚に大胆に大物食いなどできるわけもない。
その中にあって、立ち直ってきたホッコータルマエは、陣営も馬そのものも称賛されて当然である。
2年続けて結果を残した上で、参戦できた馬など記憶にない。

本質的な問題はスピードだったが、芝の馬が通用すると分かって、今年の少数精鋭での参戦には納得だ。
一応、他にも興味のある馬はいる。
何故かお熱になって、今年3頭も挑むことになったUAEダービーや同期の華ハープスター・ワンアンドオンリーのシーマクラシック獲りも見逃せない。
が、それはそれぞれに必要なタイトルには思えない。
前年は、ホッコータルマエがワールドCでもっとやれると思っていたが、全てアウェイという負け方だった。

必ずしもフェブラリーSが、ドバイの競馬への招待状を得るために必要なタイトルではないことは、前記の通りに証明済み。
トゥザヴィクトリーはGⅠを勝ったわけでも、ましてやダート実績があったわけでもないのに、見せ場を作って惨敗ながらも、2着に粘り込んでいる。
特別な年のオールウェザーは芝GⅠ2勝のヴィクトワールピサが、逃げたトランセンドを僅かに競り落としての歓喜だった。

日本で思うようなダートと違う以上、無謀な挑戦にも思えるが、ホッコータルマエに期待される先行力は、昨年参戦時以上に可能性を感じる。
秋の復帰2戦目からは、逃げ馬も差し馬も封じている。
頂きに立てれば、その世界観は180度変転する。ワンアンドオンリーと共に、人気のない方の激走に期待だ。

 

話題の競馬指数を検証しました

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、無料で使える競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。
競馬で勝つためには、それなりの配当を的中させることが必要。 先日は以下のような超大穴も的中しておりましたが、3連単が3回に2回当たるという安定度も確認してみました。

2018年4月28日 東京10R 春光ステークス
1着 マイネルクラース  4番人気(指数1位)
2着 トウカイエントリー 7番人気(指数2位)
3着 バイタルフォース  10番人気(指数4位)

指数1位→2位→4位で決着 ⇒ 3連単 14万1,970円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方