血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

サマーシリーズ最終戦

読了までの目安時間:約 2分

 

今年は、ポイントの一極集中がないので面白い。

 

・スプリント

1位 ローブティサージュ 15pt

突如復活を遂げた2年前の2歳女王が、現時点でチャンピオン最有力。

いかにもリーグ戦というような空気の関西圏2戦が、予想された通りに難解な結果になったものだから、北海道の2戦とアイビスSDを使った組が優勢となった。後述した3レースに複数参戦した馬は、比較的安定して走っていたから、大勢は決したと見たのだが…。最後の12ptは、一体誰の手に?

 

・2000

1位 メイショウナルト・ラブイズブーシェ 14pt

一応、メイショウナルトにアクシデントがない限り、新潟記念を完走すればポイントが加算されてそのまま、という状況。札幌記念出走組に大きな得点が入ったこの路線の首位候補はおらず、本州転戦組が必然的に有利となる。

だからか、その2戦ともいいメンバーが揃って、面白い競馬になった。マーティンボロ、ニューダイナスティらは今回も出て来るから油断大敵。路線の層は厚い。

 

・マイル

クラレントが2戦とも参加しているから暫定トップも、ブレイズアトレイルやマジェスティハーツ、エクセラントカーヴもいるので、斤量の差が勝負を分けるか。みんな回避したら一大事だが、このいずれかが勝つと思われる。

 

・騎手

1位 田辺裕信 24pt

週末に勝った2人が猛追するも、あと最大2鞍しか乗れないから、このままの公算は大きい。セントウルS次第ではあるが、メイショウナルトが苦手の左回りで、例えとして正しくはないが、昨年の関ヶ原Sくらい走れたなら…。

 

各1位は安泰の状況も、最終戦は結構面白いレースとなりそうで楽しみだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方