競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

青葉賞馬の憂鬱

読了までの目安時間:約 2分

 

シンボリクリスエス
<イングランディーレ>
ゼンノロブロイ
フェノーメノ
何故か、天皇賞には縁のあるレースが、今年も期待馬が集う青葉賞なのである。春、秋問わずという意味では、ちょうど中間の距離に当たる青葉賞の持つ性質は、ダービー向きの能力を主には問われない側面があるとも言えなくはない。
このうち3頭は、秋の天皇賞で1番人気になった。青葉賞は圧勝していたが、ダービーでは1番人気にならず、秋のトライアルでまた快勝するという流れ…。

ダービーでは何故…。単純に、ダービーにやっと間に合った馬たちへの救済レースの側面が色濃く、完成度で敗れる流れが延々続いているからだろう。
青葉賞が重賞競走に格上げされて以降、去年まで3年連続馬券圏内に入っているが、
マイネルフロスト 6→3
アポロソニック 2→3
フェノーメノ  1→2

それ以前も、
1-2
1-2
1-2…のオンパレード。
負ければ3着止まり、勝っても2着が関の山。
まあ、NHK杯の位置付けと青葉賞の格を引き継いだプリンシパルSも似たような傾向なのだが、京都新聞杯と皐月賞、別流のGⅠであるNHKマイルCの3レースからのみ、ホースマンの念願が叶うという流れは、どうにも不可思議な構図だ。

唯一納得できる要素があるとしたら、前述の天皇賞へのコネクションに、
「耐久力の勝負」
への適性が求められる可能性くらいだろう。
今や春秋ともに高速決着が当たり前の盾獲りに必須の要素は、3歳春の時点で、スピード能力の差だけでも適距離を伸縮できる競馬ばかり行われる中では、ほとんど問われない。
故に、ここでは負けていた方がいいのかもしれない。本番でキレ負けする馬ばかりだからだ。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方