血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

終わらなかった時

読了までの目安時間:約 3分

 

宝塚記念といえば、ステイゴールド産駒である。
09年にドリームジャーニーが勝って以降、グラスワンダーの代表産駒であるアーネストリーがレコード走をした11年を除けば、快刀乱麻を断つが如きどこからでも来い状態にある。

ナカヤマフェスタが、前走東京での圧勝の勢いそのままに、道悪に苦しむ人気勢を差し置いて、豪脚をもって制した10年は、ヴィクトワールピサさえも脇に置いた、英ダービー馬・ワークフォースとのデジャヴマッチの導線となった。
失意の三冠馬が兄弟制覇を達成した12年。昨年までの2年間は、三冠牝馬を迎え撃つこととなった稀有な二冠馬による歴史的ワンサイドゲームが続き…。
今年のテーマは、燃えるものがまだあるのか、であろう。

実は、これにはもう一つ同時進行のストーリーがある。
サンデー直仔の現役馬の消滅により、その産駒である孫世代のA級馬を作り出す使命を果たしたノーザンファームの絶頂期を象徴するサンデーレーシングの全盛時代と、これがまるで重なるのだ。

主にノーザンファーム生産の良血馬を、普通のファンでも背伸びすることなく小口からの投資で所有権の一部を買える制度を導入し、大いなる夢を与えた。
もちろん、ブエナビスタやジェンティルドンナなどの象徴的な敗者を送り出したレース史もあるが、そんな強い牝馬の時代とそれに逆行した「特異な馬場への対応力」を問うレースとの不思議なリンクが、妙に必然的に思えてならない。

一年前の夏に復活を遂げたドリームジャーニーの一年に亘る不休生活。
前の年の秋から始まった主要条件のGⅠ競走における、このサンデーレーシングの勝率の劇的増加の流れは、このレースにつきまとう「GⅠ初制覇者の呪い」とも違う、若き日に獲得したタイトルの重荷を、実に痛快なディープスカイ<ダービー馬>討ちで取り払うことで、黄金時代の開始を同時に告げる決定打となった。

今年、そのサンデーレーシングの持ち馬は参戦しない。変化の予感がする。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方