2015春競馬総括

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

解散宣言<春競馬総括>

読了までの目安時間:約 3分

 

ルージュバック陣営がプライドを見せ、札幌記念参戦を宣言した。
でも、オークスで少し頑張ったからといって、サンエイサンキューみたいな展開だけは御免だ。
最悪。そんな風に急逝する前の彼女の体調を評した名手もいたっけ?

戸崎マジックか、流行の異邦人パワー炸裂の秋となるか。
ずっと同じ勝負服の馬が活躍してきたから、もう飽きたという神様のいたずらで済まされる存在に成り下がったら、もう日本の競馬に未練を残すこともあるまい。
深い芝でも本場のダートでも、好きなようにステージを変えて、好きなだけ走ってくれれば、あとは母になるだけで十分だ。
おまかせといきたい。

ゴールドシップとラブリーデイが同格にあるとは思えないが、結果だけ見れば、昔からよくある、秋に結果を出せなかった馬が、早い時期から使われて…、の流れだった。
同時に、ゴールドシップの内面性にも大分振り回されてしまった。
その怪しさ満点の性質が、妙に感動的な雰囲気を演出するスパイシーすぎる調味料になっていたから、そっちに触れたところで、でもあったが。

唯一、人間の側が負のアシストをしてしまうというオプションが増えてしまったのはとても残念だ。
もう人の心を掴むような走りは見せてくれないのではないか?我々にも、少々隙があった方がいいのだろう。

結局、ホッコータルマエだけかよ。
途中参加の新勢力に、各路線の主要タイトルを奪われること自体は、むしろ喜ばしく思う。
5月前半までは、実績がモノをいう状況だったから、それはそれでいいのだ。

ただ、ビッグネームの不振・故障または引退には、ちょっと困った部分がある。
ハープとドゥラメンテ両方はきついな。解散の真相。
タルマエさんが次に走るのは、天皇賞のあとである。3歳路線が、今年も上がり馬の流れになりそうな予感がする一方、古馬路線の秋を展望するには、夏のきっかけ作りが肝要だ。
高齢馬の出番も想定しつつ、せっかくのいい流れに乗った新スターの誕生を望む。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方