競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

七夕賞のセオリー

読了までの目安時間:約 2分

 

荒れるのが当たり前の七夕賞。
前走掲示板を外していた馬が、過去10年で4頭も勝っている重賞だから、今年の場合、直後にGⅠを勝つ馬が制したレースの5着馬が勝ったということで、比較的平穏な決着…、にはならなかった。
20倍弱の馬がヒモに必要なことはわかっていたが、マデイラはどう買えばよかったのだろうか…。
3連単など、とてもじゃないが当てられそうもない競馬となった。さすがは七夕賞である。

ただそれでも、2分を切るので精一杯だった頃の七夕賞ではないことは明らかだ。
3年連続の1分58秒台の決着。
結果的に、高速決着で強い勝ち方をしていた重賞馬が、2週目開催になって以降ずっと勝っている。

混戦になって荒れるのではなく、走り切れる馬が限定されるから、本格的な中距離型しか来れなくなったのだろう。
BCターフレコード勝ちのチーフベアハートの仔と、レコード決着のJC2着馬・ハーツクライの仔が立て続けに勝利し、今年は皐月賞圧勝のアグネスタキオンのA級馬が快勝した。

加えて、2着ステラウインドは、有馬記念で大レコードを出したゼンノロブロイを父に持ち、芝でもダートでも速かったクロフネの仔が3着。
わかりやすいと言えばわかりやすい。
小倉では、大体隔年で激烈なスピード勝負が展開されるが、今年断然のレースレコードが出現したこのレースも、スピードの限界に挑む競馬へと変質しつつある。
雨が降ったら、また今度はどんな穴馬券が発生するのか。ファンを飽きさせない七夕賞は、これからもみんなの当てたいレースであり続けるだろう。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方