競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

ミスプロ万歳

読了までの目安時間:約 3分

 

  • アンバルブライベン<ルールオブロー>
    速さの根拠をどこに求めるか難しい血統構成ではあったが、奇しくもラストランとなった函館SSでその本質を示した。
    スプリンターなのに、速くない。先行崩れで唯一、2番手からの粘り込みで掲示板に残った。
    ロードカナロアのように、終いはぐんぐん伸びないから、強くても快速型ではなかった。
    何はともあれ、合掌。
  •  

  • ノンコノユメ<トワイニング>
    父の傑作となれそうな砂の才能。
    キレる末脚をどう解釈すべきか。
    本当は芝でもいけるのではないだろうか。タキオンが肌。
    ハーツクライの一族で、色々なナスルーラの系統が入り込み、しかし、今の高速の芝では反応鈍く…。
    逃げる気になれば、相当な器に育つかも。
  •  

  • ドゥラメンテ<キングカメハメハ>
    速いのにキレる馬は、体の成長が追いつかなくなってしまった。
    気難しくても、完成期には賢い競馬ができるようになるパロクサイド系は、晩成血統の鑑のようなファミリー。
    仕方ない。ただ、復元力もあるから、先は長いようにも思う。
    気がかりなのは、サンデーの血のないルーラーシップと、変な癖が似てきてしまうことだけだが。

 
エルコンドルパサー
アグネスデジタル
らが、日本の芝に、ミスタープロスペクターの存在価値を示した。名手・的場均が誘った競馬の新時代。

イーグルカフェ
アドマイヤドン
は、その同時期に、水陸両用のごとき兼用馬のチャンピオンの道を築いた。

アパパネ
ホッコータルマエ
は、早世、早期引退のキングマンボ系の次代の血を遺す使命を託されたキングカメハメハの柔軟性を示した名馬。

そして今、その仔が競馬界の中核を形成している。
最近は、直系でかつ芝を走れる馬は、フォーティナイナーかキングマンボの子孫。

それまで横に広がってきたその他のダート血脈のミスプロ系は、制覇者サンデーサイレンスの血を引く者と事を構えることはしてこなかったが、彼らは違う。

何故なら、速さで互角に勝負できる唯一の存在が、彼らなのだから。異能ではなくなった、ということである。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方