競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

遠征の土産<競走馬編>

読了までの目安時間:約 3分

 

昨秋、ロンシャンで沈んだ三銃士の中で、今もなお現役なのは、ゴールドシップ1頭のみ。
反動が出たとか、騎手の乗り方がどうだとかなど、負の遺産が日本競馬界にもたらした不適という共通認識は、春先の盛り上がりから一変した2015アークロードの軌跡に、見事反映されてしまっている。踏ん張るしかない。

ただ、実力通りの結果を残したホッコータルマエに関しては、帝王賞をしっかり制し、2度目となる春の頂を臨むのであった。
この馬の成長というか、見事なスキルアップの成功には、遠征の本質的な意義が凝縮されている気がする。
2度のドバイ経験により、相手をねじ伏せる術は増えた。休養の入れ方ひとつ。
競馬の本筋に逆らわなければ、最後は神が味方してくれる。

春季遠征馬のその後については、時計なり展開なり、色々と敗因はあったのだろうが、角度を変えれば単純なこと。勝った馬には勢いがあった。
前走負けていた馬で、人気薄ながらもいい競馬でGⅠを勝ち切った面々は、決まってその前走はGⅠなり、休み明けのトライアル競走。理由なき激走ではない。
結果を残していた馬が多かっただけに、残念さは拭えないのだが、元の位置に戻ってきただけともいえる。

秋も春もせっせと自分磨きの旅に出たハープスターは、自らの限界に挑み続ける日々に、ついには脚を傷めてしまった。
陣営も猛省すべきレース選択と言えなくもないのだが、やっぱり成長力が思われたほどなかったというか、新潟マイルの奇跡の反動が、延々尾を引きずった印象もある。
挑む過程で馬に大きく負荷がかかってしまい、結果も成長もついてこなかった。多頭数競馬のリスクだ。

キズナが苦しみ、エピファネイアがまた自らトンネルを掘り出した今の状況では、難しい挑戦という弱音しか発せられない。
ディープやジャスタウェイの凱旋門の臨戦過程は、本当によくなかったのか。
本番並みに負荷をかけられる施設は役に立たないのか。
遠征前の調教は軽くすべきだ。掛かるから下げる、の主要因はまず除去したい。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方