血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

腐ってはいけない(前編)

読了までの目安時間:約 3分

 

勝ち運に見放されたGⅠ馬と世代を代表する実力馬を激励したいと思う。

サトノクラウンイスラボニータ
<ダービーで味わった二重苦>

身近なところにいるライバルが怪我をしてから、この春に新コンビを組んだパートナーは、呪縛から解放されたかのように格の高いレースを勝ちまくり、こんな縁も悪くはないと思わせてくれる部分もあった。
一方で、勝ち運から見放され続けるギニーホースは、道悪云々を加味しても物足りない春緒戦の後、中山で逃した勝ち運を取り返そうとして、今もって戦うべき場所に出て来られない状況に置かれている。

これも縁なのか、はたまた運なのか。
勝てない奴にはどうしても勝つことのできないレースで、負けるべくして負けてしまった皐月・ダービーの中心馬は、往々にしてそのまま消えて行ってしまうものだ。

正統派であるがために、幾分多めに貧乏くじを引いてきた競走生活。でも、リフレッシュの時間を経れば、好転することもある。

ワンアンドオンリー
デニムアンドルビー

<東京ともう一か所で>

ヘイローの同系配合を施されたダービー馬と、ヌレイエフの3×2を掛けられた母を持つ激走娘。
特殊な配合であるが故に、馬が好む条件も変わっているところがある。
阪神でいいのはよくわかった。宝塚記念では対照的な結果となったが、元来テレンコな性質が時に爆発的なパフォーマンスを可能にしているから、東京の2400Mで一変したのである。

理由をどうのこうのこじつけるのもあるけど、やっぱりこう考えた方がいいのではないだろうか。
「特定の条件が重ならないとダメ」
簡単に言うと、お互い本質的な適性は同じでも、ハーツクライとディープインパクトだから、選り好みの趣向が違うのだ。
ディープが来ないと走るダービー馬と、メイショウマンボやゴールドシップなど個性的なタイプが凡走すると走る激走娘。

別に、本人たちは気にしていないのだろうから、何も人間の方が気を揉む必要などない。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方