2015 2歳馬選定

JUST競馬予想ブログ

2歳馬選定<夏前期>

読了までの目安時間:約 3分

 

オープン戦も2鞍消化し、2歳戦を回顧する頃合いに差し掛かったように思う。
まずは、そのオープン戦から。

函館2歳S
稍重での2歳Sは12年ぶりだったから、ディープがどうこうとか比較のしようがないのが真実だろう。
加えて、そのディープ産駒であるブランボヌールが人気に応え、ダイワメジャー産駒も勢いだけではないことをそれに続く好走で証明した部分もあるし、成長度合いをきっちり観察するのが人間の役目になりそうだ。早熟のはずがない。

中京2歳S
下記しているシュウジが逃げ切ったレース。単純に、距離が実力差を示した結果だった。言わずもがな、番手以下からの競馬ができるかポイント。

現クラシック世代は、2勝目が遠い馬が多く、オープンでのキャリアが少ない馬ばかりが覇を競う珍しい展開となった。
本来なら、その他多数にとって、まだこの時期は多くの可能性が秘められている。大物候補もそれなりにいた。

短距離
トウショウドラフタ・牡<アンライバルド>
東芝1400
シュウジ・牡<キンシャサノキセキ>
中芝1400(稍)

早熟傾向の馬に限って、人気薄で辛勝といった傾向。そうじゃなかったら、もうオープンの洗礼を受けている。
純粋なスプリンターではないことを、マイルで示したシュウジの未来は明るい。

マイル以上
メジャーエンブレム・牝<ダイワメジャー>
東芝1800
ポルトフォイユ・牡<ディープインパクト>
阪芝1800
ロスカボス・牡<キングカメハメハ>
中芝1600
ルノートル・牡<ダノンシャンティ>
福芝1800

レースだけを見れば、上の2頭が素晴らしい才能を持っていることは確かだ。
でも、半年はおろか、季節があと三度変わった後に本番が始まるわけだから、今は目立たなくてもいい。
相手もそれなりに強かったあとの2頭も侮れない。ルノートルは、この後多く勝ち上がるだろうヴィクトワールピサ産駒の壁となる可能性がある。
先週末楽勝のシルバーステートは、1800以上での決め手やを見てから判断したい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方