血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

血視点・ゼンノロブロイ

読了までの目安時間:約 2分

 


レーヴデトワールが、不良馬場の紫苑Sを制した。

良馬場限定で末脚が爆発するレーヴドスカー兄弟。フランス血統らしい姿を今回初めて見た気もする。

兄姉の父はアグネスタキオン・シンボリクリスエス・スペシャルウィークなど。ゼンノロブロイだけ特別ではないはずだが。

 

ゼンノロブロイ産駒は、父に似て2000Mでかなりの適性を示す。

他のサンデー系と比べると、決め手はやはり鈍い。同厩のサングレアルも本質は同じ。新馬や1勝クラスまではよくても、昇級した途端キレ負けする。

 

ロブロイの一族には、種牡馬のディアブロ、ロフティーエイム・メーデイア姉妹など遠縁に活躍馬はいるものの、あまり著名な牝系ではない。

母ローミンレイチェルが古馬になってから、サラトガ7FのGⅠを勝てたのは、単に早熟ではなかったからか。

ただ、その父マイニングはダートがいいというほどの偏りはない。日本の代表産駒はほとんど全て芝の短距離型なので、そこだけ受け継いだと言える。

 

突き詰めていけば、やはりアメリカ血脈の権化と結論付けられるゼンノロブロイ。

産駒の重馬場適性は、一般的に見ると根幹距離が合う性質を反映したものだろう。渋った馬場を不得手にする傾向を示した場合、まず例外なくGⅠには縁がない。

 

配合相手に悩まない特性は、アウトブリードの功罪を暗示している。インブリードよりも、雑味は受け継ぎやすい。

勝ち味の遅さもそっくりになってしまうのはそのせいか。まあ、母方に共通の血が入っていても、さして変化はないのだが。

でも、こういう血筋ほど直系で行き残っていくもの。ネオやステイゴールドもそう。違いは才能だ。

 

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方