2015血統コラム

JUST競馬予想ブログ

新種牡馬短評<血視点>

読了までの目安時間:約 3分

 

意外とよく頑張ってるし、この時期ではあるが、それなりに目立つ勝ち上がり方をしているから、新種牡馬侮れぬという空気感は漂っている。
既に、新馬勝ち馬を出している主だった種牡馬と産駒はこちら。

ダノンシャンティ
ルノートル 牡
福島芝1800 2人

ドリームジャーニー
エスティタート 牝
中京芝1400重 1人

ワークフォース
グローリーミスト 牡
函館芝1800 4人

他にも、
アンライバルド
カジノドライヴ
らが、人気薄ながら、なかなかいい勝ち方でそれも新馬戦を制しているのだから、やっぱり滑り出し好調と見るべきだろう。

粒揃いというよりは、スイッチが入ると一発がある種牡馬が居並ぶフレッシュサイヤーランキングのトップは、(函館開催の週まで)新馬戦の2勝のみながら数で勝負して収得賞金をあげたワークフォース。配合相手に悩まなくてもいいミスプロ系の強みも見え隠れする。

爆発的な秘めたる何かを新馬戦から早速見せているが、それは一体何故なのか。
ここには挙がらなかったが、注目という面ではヴィクトワールピサもいる。彼を分析すると、その謎が解けていく。
ヘイローの3×4とその戦績から、ハイぺリオンの同配合を持つ在りし日のトウショウボーイを思い出すのだ。
皐月賞快勝。その後も中距離戦で活躍し続け、古馬の重要タイトルをゲットした姿は、牝系が優秀で強いクロスがある共通項の多さから、テスコボーイとサンデーサイレンスの強い影響力という点も含めて、クラシックディスタンスでの大仕事が期待される。

エルコンドルパサーと似た欧州型良血配合を実践したワークフォースに、兄弟にビッグネームのいる馬も多数。
大きな舞台に向く良血馬の性質は、産駒にも伝わりやすい。
ダイワメジャーやキンシャサノキセキが元気なこの世代のスタートから、これだけ好結果を出しているわけだから、昨年の鬼門となった2勝目という篩をかけられて残った時、本番で印のつく注目馬となっているはずだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方