血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

解決案の模索

読了までの目安時間:約 3分

 

競走馬生活をリタイアすることになったエピファネイア。
福永祐一も結局男になれず、角居勝彦にとってはヴィクトワールピサを超える意味で、ダート戦に戻ったドバイワールドCにおける計算違いの敗戦は大きな痛手となった。

少し背負うものが多すぎたのか。
期待に応えきれなかった競走馬時代の屈辱を糧に繁殖生活では…、となるかも現状では微妙。何とも寂しい。
この世代には、天下統一をする王者がいなかった。
所詮は、自分の競馬の型がはまった時によく走っただけのことである。
上の世代がかなり強力だったから、目立つことなく敗戦を重ねていった。

名馬たちの引退に思うこと。
アルフレードやメイショウマンボ、復帰後もなかなか結果が伴わないマイネルホウオウやその同期のダービー馬・キズナ等々…、引き際が悩ましいGⅠ馬は、いつの時代も哀れさを醸し出し、その現状に対する多様な意見が、賢者たる熱心なファンから発信されてることになる。
どんな選択が正しいのかわからないけれど、今の時代、耳障りの良し悪しに拘わらず、それらがどこかでに入るだろうから、悩める馬の関係者にとってセカンドオピニオンのような役目を果たしてくれれば、不毛な論争は起こらない。

問題は、怪我をしたことだろう。ただでさえ、負け戦の多い世界のこと。
故障したのでは、巻き返すこともかなわない。
遠征で結果を出せなかったエピファネイアと一足早く身を引くことになったハープスターは、その反動で競走能力を実質的に喪失したことではなく、名門厩舎にいながら、不遇の終幕を強いられる結果になったのがよくない。
速い馬ほど、大きい怪我をしやすくなるのは当然。

行ったことが悪いのか、日本での競馬そのものが負担だったのか。
ここは意見の出し合いどころとだろう。
筆者は、エピファの有馬とハープのJCは余計な一戦だったように思う。
脚元への負荷と、目標にすべきものがはっきりした時、その前後の敗戦に無駄な負荷が掛かっていることが窺えたからだ。国内戦は慎重に使いたい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方