2015 クラシック路線総括

JUST競馬予想ブログ

クラシック路線総括 -牝馬編ー

読了までの目安時間:約 3分

 

2歳女王の春全休でどうなることかと思っていたら、ルージュバックが出現して盛り上がり、彼女が活躍したわけじゃないのに、全体的ないい雰囲気は最後まで続いていった。

阪神1600は、スローになる。
また、超のハイペース翌年に超のスローペースになる今の桜花賞というのは、安心して見ていられない穴馬券発生必至の可能性を秘める爆弾レースに戻ってしまったのかもしれない。
JFで人気の一角を成したレッツゴードンキが、安定感の競馬を一新させ、大胆にスローの逃げ。
あれよあれよという間に2着のクルミナルに4馬身の差をつけ、悠々逃げ切ってみせた。

同じマイルでも、東京1600Mで敗れてしまい、その桜花賞も除外されてしまった忘れな草賞優勝馬・ミッキークイーンが、オークスには間に合った。
そうしたら、1ー2ー1の圧倒的好成績。
レッツゴードンキは、オークスで揉まれてリズムを崩し、尻すぼみの戦績を残すに甘んじた。

焦点は、マイル重賞馬・ノットフォーマルの逃げ。
オークスでは、桜花賞で叶わなかった逃げを見せ、平均ペースを演出。
秋華賞では、途中からハナを奪った影響もあってか、外から猛然と上がっていって、中間点で57.4秒という前年以上のハイペースで牽引し、3歳牝馬の底力の限界を引き出した。

然るべきGⅠの展開が、コースに見合った形で繰り広げられた時、ミッキークイーンという才能は、最高のパフォーマンスを示した。
初重賞制覇となったオークスでは人気馬を最後に競り落とし、秋には、自分の型を崩してまでも積極的な競馬に徹して、結果を出した。
歴代の名牝に比肩するタフネスガールの信条は、スタートさえうまくいけば何とかなる。
それを気にする場面でうまく出られる馬が、ゲート難の扱いを受けるのはやはり間違っている。と、思いたいが。

終幕は、納得の力勝負。
ただ、クラシック有力候補の2歳女王が、3歳シーズン未出走というケースは、91年から牝馬限定になった時からは一度もない。
ひとまず、マイル重賞馬には気をつけたい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方